MATCH DAY REPORTS

日本代表を中心としてJリーグやカップ戦などのレポートをします。(浦和レッズとザスパ草津以外)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第85回天皇杯全日本サッカー選手権 3回戦 横浜FC×FCホリコシ

第85回天皇杯全日本サッカー選手権 3回戦
【横浜FC×FCホリコシ】
三ツ沢公園球技場 13:00KICKOFF

横浜(1-0)FCホリコシ

得点:【横】内田智也

FCホリコシ善戦も、横浜FCが辛くも勝って4回戦へ

三浦知良


去年の天皇杯で16強へ進出したFCホリコシが再度のジャイアントキリングを狙って横浜FCに挑む。横浜FCにはカズが、FCホリコシにはアマラオが、ともにKINGと呼ばれた巨頭がトップに張って勝利を目指す。

前半は両チームとも全体にコンパクさが欠けてしまって、締りのない展開に終始する。こういう展開こそ地力の差が出てしまうというもの、横浜FCが厳しいリーグ戦を戦っていることを証明しているかのように優位には展開していたが、COMPACTさにかける展開で、押上げも少なく厚みのある攻撃が仕掛けられないこともあったが、FCホリコシの必死の頑張りにあってチャンスらしいチャンスは作れずにいた。その中で、巧くボールを引き出した横浜FC が内田のゴールで先制した。そのゴールを守って前半は1-0で横浜リード。

後半にはいるとアマラオが前線で頑張り、そのボールに反応しだしたホリコシが押上げもよくCOMPACTに全体を保って優位に試合を進める。しかし、横浜FCは真ん中に張ったトゥイードが効いてFCホリコシに決定的なチャンスをなかなか作らせない…終盤にアマラオが放ったミドルもGKがセーブして事なきを得るとFCホリコシには攻め手がなくなり。そのまま前半のリードを保った横浜FCが辛勝だが順当に4回戦へ駒を進めた。

アマラオ(FCホリコシ)

この日三ツ沢に目立ったのは、他チームのサポーターの姿、自分も含めてだが(笑)
オレンジのアルビサポ、赤青のFC東京サポが目立った。横浜FCには山口素弘がFCホリコシにはアマラオがいたからだが…移籍の目立つJならでは光景だろう。でも、それを容認できる日本のサッカーのよさも再認識した試合だった。

山口素弘(横浜FC)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mdp.blog3.fc2.com/tb.php/86-d65229e7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。