MATCH DAY REPORTS

日本代表を中心としてJリーグやカップ戦などのレポートをします。(浦和レッズとザスパ草津以外)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドカップドイツ大会 アジア地区最終予選 日本代表×北朝鮮代表

ワールドカップドイツ大会 アジア地区最終予選
【日本代表×北朝鮮代表】
バンコク・スパチャライ国立競技場 19:35KICKOFF

日本(2-0)北朝鮮

得点:【日】柳澤敦(73分)・大黒将志(89分)

【日本代表】
GK 川口
DF 田中誠・宮本・中澤
MF 福西・稲本・中田浩・加地・小笠原
FW 鈴木(→大黒)・柳澤(→遠藤)

柳澤の先制ゴールで開いたドイツへの道…
大黒の追加点でドイツへの道を決定づける
ドイツ本大会へ1番乗り\(^o^)/


前半は、勝てばW杯息が決まると言うプレッシャーもあったのか?攻撃面で噛み合いが悪く無得点に…攻撃面の噛み合いの悪さは今に始まったことではないのだが(笑)後半に入って、鈴木に代わって大黒が入ったことで、前線が活性化する。大黒の相手の裏を狙う動きに合わせるかのようにボールが動き出しRHYTHMが生まれる。先制点は大黒が絡んで生まれた。ゴール前に上がったクロスボールを大黒が北朝鮮DFと競ったことでルーズボールに…このルーズボールに柳澤が鋭く反応してダイレクトボレーで豪快に叩き込む。ここまで全敗の北朝鮮がこの後前がかりに攻撃を仕掛ける。逆にその裏に空いたスペースにボールを送り込めれば追加点のチャンスに…それが、終了間際に結実する。田中誠が競り勝って裏のスペースへ、反応したのは大黒、ゴール前GKと1対1になり冷静にこれを交わして無人のゴールへ流し込んで駄目を押して、ドイツ行きが決定した。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mdp.blog3.fc2.com/tb.php/77-b5812f0f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。