MATCH DAY REPORTS

日本代表を中心としてJリーグやカップ戦などのレポートをします。(浦和レッズとザスパ草津以外)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドカップ アジア地区最終予選 日本代表×イラン代表

ワールドカップ ドイツ大会 アジア地区最終予選
【日本代表×イラン代表】
イラン・アサディスタジアム 18:35KICKOFF

日本(1-2)イラン


得点:福西崇史(67分)

アウェイでのゲームを巧くコントロールしながらもミス絡みの失点で惜敗

12万人のプレッシャーと戦いながらも立ち上がりから、ポイントを抑えたディフェンスが巧く機能してイランにペースを握らせなかったが、攻撃面での思い切りの良さがなくスリッピーなグランドコンディションもあってピッチに脚を取られる場面やトラップミスが目立ったが、中盤での展開では優位に立っていた。しかし、FKから混戦のこぼれ球を押し込まれ不運な形でイランに先制を許してしまった。先制したことで、イランに勢いがついたが落ち着いてディフェンスも対応し前半は0-1で折り返す。

後半の立ち上がりから、リードしたイランが攻勢をかけるが、これを日本が凌ぐと次第に日本ペースになった。前半同様に前線からプレスをかけて高い位置でボールを巧く奪取して攻撃に繋げていたのだが、なかなか追いつくことが出来なかった。ピッチにスピードを殺されていた感のある玉田に替えて、柳澤を投入…この投入が当たりゴール前で柳澤が競合ったこぼれ球を福西が豪快にボレーで決めて同点に追いついた。日本に追い風が吹いたかに思えたが、一瞬のスキが失点を呼んでしまった。日本の左サイドを抉られフリーでセンタリングを上げられてしまいヘッドで押し込まれてしまう。左サイドを抉られたミスとゴール前でフリーでヘッドをあわさせてしまった2つのミスが一気に重なり再びイランにリードを許してしまう。日本はリズムを変えるべく、小野伸二→小笠原、高原→大黒と次々を交替のカードを切って何とか同点に追いつこうと仕掛けたが、ゴールは割れず惜敗。日本に勝ったイランと北朝鮮に勝ったバーレーンが勝点4で並び、日本は3位に後退。

中田英寿の復帰、4バックへのシステム変更などで戦前に懸念された連携面は意外なほど悪くなかった。紅白戦での悪かった点を試合では調整してきた感じで、両サイドが高い位置を保ってタメを作ってサイド攻撃を引き出すという形は見えていたので、ゴール前への精度とこぼれ球に対する対応などをもう少し工夫すればもっと決定的な形は作れたと思う。攻撃面でも守備面でも連携は懸念されたほど悪くはなかったし、ホームでのバーレーン戦で今日の悪かった点を修正して次につなげて欲しい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mdp.blog3.fc2.com/tb.php/71-5f65cb18

サッカー日本代表、惜しくもイランに・・・

やはりアウエーでの戦いは厳しかったですね・・・。サッカーのワールドカップ(W杯)アジア最終予選B組の日本は、昨日深夜、最大のライバルとされるイランに1―2で惜敗。バーレーンが北朝鮮を2―1で降したために、勝ち点3のまま3位に転落した。イランとバーレーンは

  • 2005/03/26(土) 02:47:47 |
  • 【京都発】マロンフィールド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。