MATCH DAY REPORTS

日本代表を中心としてJリーグやカップ戦などのレポートをします。(浦和レッズとザスパ草津以外)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KIRIN CHALLENGE 2005 日本代表×シリア代表

KIRIN CHALLENGE 2005 go for 2006
【日本代表×シリア代表】
埼玉スタジアム2002 19:30KICKOFF

日本(3-0)シリア

得点:【日】鈴木・宮本・小笠原

20050205105034.jpg

W杯アジア地区最終予選・北朝鮮戦に向けての日本代表の最後の壮行調整試合となったシリア戦、1月29日のカザフ戦を快勝してこの試合に臨んだが…代表合宿でのフィジカルトレーニングの疲れが残るのか全体的に動きが重く、前半で目立ったのはカザフ戦で2得点を挙げた玉田くらいだった。両サイド、特に右サイドの加地はカザフ戦とは打って変わって守備的になってしまい、それがシリアに攻撃を許した原因になったような気がする。前半の鈴木の先制点までの間にチャンスらしいチャンスといえばアレックスが放ったミドルシュートくらい。最後にサイドチェンジの繰り返しからアレックスのクロスを鈴木が決めて先制して前半終了。

20050205105009.jpg

後半に入って、動きの質が変わった。というよりも、先制点によって前半の動きの重さが取れてきたこと、シリアが守備偏重のスタイルから攻撃へシフトしてきたことで、お互いにボールが廻るようになり試合が動き始めた。途中でシリアに退場者がでて数的優位になった時点で日本代表の勝利はほぼ確定したかに見えたが、圧倒するまでには至らなかったものの、バランスを崩すことなく遠藤のFKから宮本が決め、終了間際に小笠原が駄目押し点を取って終了。3-0で快勝して北朝鮮戦へ弾みをつけた。

試合に勝って合宿の成果は見せたものの、交替選手に関しては多少の不満が…遠藤→中田浩二への交替は納得いくものだったが、田中誠→本山への交替をするよりも、大黒を試して欲しかった。意図的には4-4-2にシステム変更して、DFラインをアレックス・中澤・宮本・加地になるのでMFの本山投入、更には中田浩二-小笠原-本山-鈴木の鹿島ラインのコンビネーションに期待ということなのだろうが…来週の最終予選・北朝鮮戦へ向けてどのような布陣を敷くか?海外組の誰を招集するのか、楽しみは残る。

http://www.nikkansports.com/ns/soccer/japan/p-sc-tp3-050203-0008.html
http://www.nikkansports.com/ns/soccer/japan/f-sc-tp3-050202-0025.html

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mdp.blog3.fc2.com/tb.php/69-a12e5e99
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。