MATCH DAY REPORTS

日本代表を中心としてJリーグやカップ戦などのレポートをします。(浦和レッズとザスパ草津以外)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'03 ファーストステージ 第11節 FC東京×仙台

【FC東京×ベガルタ仙台】
味の素スタジアム 19:00KICKOFF
FC東京(2-0)ベガルタ仙台
得点:宮沢/戸田

ケリーを中心にサイドにボールを散らして、スピーディな攻撃を組み立てるFC東京と4-4-2システムで両サイドからの攻撃を仕掛けるベガルタの対戦、だがベガルタは左右の欠くというべきとべきMFの岩本とシルビーニョを怪我で欠いてどうシステムをを組むのか?が注目の一点、そしてU-22代表のFC東京:石川と仙台:根本のマッチアップがもう一点

仙台はトップ下に財前をボランチに3人並べて試合に臨むが…ケリーを中心にしたFC東京のスピードに圧倒されるシーンが目についた。特に右サイドは再三抜かれてしまって決定的なシーンを作られたが、センターバックの小村・ファビーニョの体を張ったディフェンスで凌いでいたのだが…ゴール前不用意に与えたFKからFC東京:宮沢に直接決められて先制を許す。凌いでカウンタカーからの展開が出来つつあった時間帯だけに痛い失点。その後は両チームとも決定的なシーンもあったが無得点で終了。

後半に入って、先に動いたのは仙台だった。MF財前に代えて福永を投入して流れを変えにかかる。福永が入って中盤での起点が出来た仙台は左右に選手が有機的に流れて攻めにリズムが出始めるが、ゴール前固められたせいもありサイドにボールを流すことが多くなってFC東京に巧く守られてしまった感じ(-.-)ボソッ、決定的なシーンも作り出したのだがフィニッシュに正確性を欠いてゴールを生み出すことが出来ない。流れは仙台にあるのだが、なかなか点を奪えない。そんなFC東京にとっては苦しい時間帯が続いたのだがここを耐えて追加点を戸田が奪ってリードを広げる。仙台にとっては時間的にも止めを刺された感じの得点になった。

注目のマッチアップはやや石川の勝ちかな?結果がついてきたということで…(笑)根本も積極的な上がりを見せていいセンタリングをあげていたけれど、スペースを与えたときの石川のスピードは驚異的だったね。特に前掛かりになった後半の仙台の裏をつく形が何度もあったからね。それに、サイドを押さえられたら中に切れ込む意識がはっきりしてきてプレーの幅は確実に広がっている感じ、A代表に選出された自信が気持ちにもプレーにもでてるね。う~ん、23日のU-22日韓戦が楽しみだ(-.-)ボソッ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mdp.blog3.fc2.com/tb.php/57-df98ab09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。