MATCH DAY REPORTS

日本代表を中心としてJリーグやカップ戦などのレポートをします。(浦和レッズとザスパ草津以外)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'03 第25節 甲府×鳥栖

J.LEAGUE DIVISION2 第25節
【ヴァンフォーレ甲府×サガン鳥栖】
小瀬スポーツ公園陸上競技場 19:00KICKOFF

甲府(2-0)鳥栖

得点:水越・石原

今日の目的はなんと言っても、元日本代表でもある小倉隆史選手。高校サッカーの頃から観ている選手でもあり、その高校サッカーの頃の物凄いイメージが未だに残っているせいでもあるのだけど(笑)その高校サッカー、特に決勝の「四日市中央工業×帝京」の試合には、四中工に小倉のほかに中西(市原)、中田一三(仙台)が帝京には松波(G大阪)、阿部敏之(仙台)などJリーグで活躍している選手たちが名前を連ねていたんだけど。

予想していたこととはいえ、J1を見慣れた目には明らかに異質のゲーム…意図は分かるがボールの繋がりがお粗末なくらい悪いし、攻撃も単調な感が否めない。前半は、鳥栖のペースで、ボールを両サイドに散らしながらスピードに乗った攻撃で甲府ゴール前に攻め込むのだが、シュートに正確性を欠いたことや甲府GK阿部の攻守等もあってノーゴール、甲府は期待の小倉がハードなマークにあい起点となれないが…時折見せるボールタッチは柔らかい、しかし甲府の選手が小倉の意図を読みきれてないのか?前線で孤立していた感もある前半だったが…後半に入り、小倉をダミーにして完全なポスト役にしてきた甲府が、小倉を起点として二重三重のフォローをみせ主導権を握り始める。小倉をポストを起点に細かく繋いだ後、鳥栖のDF陣の裏に飛び出た水越が先制点を叩き込む。2点目も似たような形から今度は石原が冷静にゴールに流し込んでリードを更に拡げる。勝利が確実になった後半40分に小倉はお役御免で交替。

ボールタッチの柔らかさ、視野の広さどれをとってもこの中にはいると異質。飛び抜けているのだが、今は甲府の選手に合わせ過ぎの感も強い。強引にシュートに持っていけるような場面でも柔らかくボールを出してしまっているところが不満。帰りのタクシーの運転手が「甲府には勿体無いくらいの選手」といっていたのがすべてを物語っている?怪我さえなければの話だけどね(-.-)ボソッ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mdp.blog3.fc2.com/tb.php/53-67cd7cdb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。