MATCH DAY REPORTS

日本代表を中心としてJリーグやカップ戦などのレポートをします。(浦和レッズとザスパ草津以外)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'03 セカンドステージ 第8節 東京V×名古屋

J.LEAGUE DIVISION1 2ND STAGE 第8節
【東京ヴェルディ1969×名古屋グランパスエイト】
味の素スタジアム 15:00KICKOFF
東京V(4-4)名古屋
得点:(V)平野・エムボマ・山田2 (名)岡山・海本・ウェズレイ・マルケス

今日の試合に勝ったほうが首位立つという状況で行われた一戦は、ゴールの応酬で見ごたえはあったが…名古屋はファーストでの堅守ぶりに決定力がついてきたかに見えたが、意外にも得点を狙いに行ったあとのDFが甘い。一方のヴェルディは、堅守速攻型のチームに弱いのか?今日はボール廻しも雑に感じられたし、途中までは足が止まっていたので、ボールをただ繋いでいるといった感じだったのが気になる(-.-)ボソッ、前半は堅い守りから、シンプルに速攻を仕掛けた名古屋が効果的に得点を重ねて、ヴェルディの反撃を2点に抑えて後半に突入したのだが、後半途中で、グランパス酒井が退場処分を受けたあたりから、ヴェルディに流れが傾き始める。エムボマのゴールで1点差に詰め寄ると、山田のゴールで同点になり完全にヴェルディペースの試合展開になったのだが、後一歩の詰めを欠いて勝ち越せず、終了間際にはグランパスが速攻から何度もヴェルディゴール前に攻め立てたが…ラストパスに精度を欠いて勝越し点は奪えず、両チームには痛い引分となった。この引分で、横浜がちゃっかりと首位に立ってしまった(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mdp.blog3.fc2.com/tb.php/34-d8287324
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。