MATCH DAY REPORTS

日本代表を中心としてJリーグやカップ戦などのレポートをします。(浦和レッズとザスパ草津以外)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第82回全国高等学校サッカー選手権 決勝

第82回 全国高校サッカー選手権 決勝
【筑陽学園(福岡県代表)×国見(長崎県代表)】
国立霞ヶ丘競技場 14:00KICKOFF

筑陽学園(0-6)国見
得点:(国)川口・平山2・渡辺2・益永

☆国見高校が2年ぶりに優勝。平山相太が9得点で得点王に輝くとともに、大会通算17得点として北嶋(市立船橋-現清水エスパルス)の持っていた大会通算得点記録16得点を更新した。

高校サッカーの決勝戦でここまで点差が開いた記憶がないくらい…国見の圧勝。筑陽は前半こそ1失点だったものの、後半になり運動量が落ちたところで失点して集中力を欠き国見の大量得点を許してしまった。筑陽もカウンターからの攻撃で国見ゴールを脅かす場面もあったが、攻撃に一工夫足りない…というよりも、国見の速い出足がその工夫を作り出す時間をくれなかったといったほうが正確か?注目の筑陽学園・桑原も国見のディフェンス陣の速い寄せに苦労してたし、全体的に縦への意識が強くサイドからの攻撃が少なかったように思える。

国見は後半に入ってから、平山・渡辺・兵藤らが絡んでボールを良く動かしていたし、平山がチームプレーに徹して、渡辺のゴールを引き出すとともに自らも大会通算記録を更新する2ゴールを決めて試合を決定付けた。ゴール前では、ポストプレーにオトリに変幻自在のプレーを見せ、時には強引に突破をみせるなど幅を広げたプレー振りが光った。初めてこの大会に出てきたときは、身長がありヘディングだけは強いといったイメージだったが、足元のプレーの柔らかさが加わりいい選手になったねぇ(-.-)ボソッ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mdp.blog3.fc2.com/tb.php/21-5f60ddb4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。