MATCH DAY REPORTS

日本代表を中心としてJリーグやカップ戦などのレポートをします。(浦和レッズとザスパ草津以外)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習試合 FC東京×東京学芸大学

TRAINNING MATCH
【FC東京×東京学芸大学】
FC東京小平グランド 14:00KICKOFF

一本目 FC東京(4-1)学芸大 得点:宮沢・馬場・ルーカス2
 GK/塩田
 DF/藤山、ジャーン、増嶋、金沢
 MF/三浦、宮沢、梶山、馬場、戸田
 FW/ルーカス

二本目 FC東京(4-0)学芸大 得点:阿部3・近藤(祐)
 GK/遠藤
 DF/大谷、前田、松本、鈴木
 MF/呉章銀、浅利、小林、李
 FW/阿部、近藤(祐)


 試合はキックオフから相手陣内に大きく攻め入ると1分、連続したCK。右CKを宮沢が中央へ入れるが相手DFに跳ね返される。これを金沢が拾い、増嶋・馬場とつなぐと馬場から左サイド戸田へ。戸田は左サイドから中央へクロス。ファーサイドまで行ったボールには逆サイドでCKを蹴っていた宮沢が走り込み、頭で押し込み幸先よく先制点を奪った。直後の3分には、中盤で左右にボールをつなぎ、揺さぶりを掛けていた中で宮沢が縦へスルーパス、これにルーカスが抜け出て、ルーカスは相手DFのタイミングを外して中央へ。これを馬場が難なく押し込んで2点目。しかしその後の6分には、左サイドを突破され中央へクロスを入れられる。一度増嶋はクリアをするものの、そのこぼれ球を直接シュート、かなり距離のあるロングシュートであったが、塩田も意表をつかれ動けずに見送るだけで、1点差に追い上げられてしまった。16分、自陣右サイドからジャーンが大きく前方にフィード、これに左サイドからルーカスが走り込む。相手DFは誰もが流れてGKのボールになると思ってたところにルーカスが飛び込んでいった。GKも慌てて飛び出すが、ルーカスのほうが一歩早くボールに触り、ゴールに流し込んだ。30分には、相手陣内でDFがボールキープしているところをルーカスが勢いよくプレッシャーをかける。このボールを奪うとゴールに向かってドリブルをスタート。目前のDF2人を華麗にかわし、そのままシュート。今日2点目を決める。前半はこのまま4-1で終了となった。

 後半に入り、メンバーを入れ替えて臨む。中盤では浅利が相手に仕事をさせず、サイドは小林が切り崩すといった、先日のサテライトリーグの好調さを持続させ試合を展開させていく。9分、右サイドで前田・浅利とつなぐと浅利から縦の阿部にスルーパス。阿部がこれで抜け出しGKと1対1になり落ち着いてシュートを決める。21分にも右サイドに抜けたチャンから中央へクロス、ファーサイドまでボールは流れるがこれを李がキープし中央へ、阿部はボールを受けると目前のDFを右にかわし狙い済ましてシュート。ゴール右隅に決める。38分には、相手がつないできたボールをピッチ中央付近で大谷がカット。これを浅利が前方へつなぐと小林へ。小林はワンタッチ後、絶妙なタイミングでスルーパス。これに阿部が抜け出しシュート。ゴールが決まり、これで阿部はハットトリックとなる。終了間近の43分には、右サイドに浅利が抜けると、小林・阿部とつなぎ小林が右サイドへスルーパス。浅利がボールを受けると落ち着いて中央へ。これに近藤(祐)が走り込みゴールを決める。後半も流れに乗った攻撃で得点を重ね、8-1として試合を終えた。

 しかし、偶然とはいえ大学生相手に一点献上したのはいただけない(-.-)ボソッ コーチングの甘さとキーパーのポジショニングが明らかに悪かったし…それを除けば危なげなし。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mdp.blog3.fc2.com/tb.php/15-43369ed2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。