MATCH DAY REPORTS

日本代表を中心としてJリーグやカップ戦などのレポートをします。(浦和レッズとザスパ草津以外)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KIRIN CHALLENGE 2005 日本代表×アンゴラ代表

KIRIN CHALLENGE 2005 go for 2006
【日本代表×アンゴラ代表】
国立霞ヶ丘競技場 19:20KICKOFF

日本(1-0)アンゴラ

得点:【日】松井大輔(90分)

【日本代表】
GK 川口
DF 田中(→松井)・宮本・中澤
MF アレックス・駒野・中田英・稲本(→阿部)・中村
FW 柳沢・高原(→大黒)

PB160070-w512.jpg


終了間際に松井が代表初ゴール
2005年最終戦を勝利で飾る


国際Aマッチデーで世界各地でW杯プレーオフと親善試合が行われる中、2005年最終戦が国立競技場で行われた。Aマッチデーということで召集可能な限りの欧州勢が呼ばれ、今年最後の代表戦はこれまでのコンビネーションを確認するには絶好の機会となるはずだったが…

立ち上がりから主導権を握ったのは日本代表だった。中田・中村が激しいマークを受ける中でも持ち味を発揮して、チャンスの起点となっていく。ボールが収まることでサイドへの展開やFW陣が裏のスペースをとる動きをしてチャンスを拡大していくが、決定的な場面での相変わらずのフィニッシュ精度の低さを露呈してしまう。前半だけも5本はあった決定機を逃したことが試合展開を多少きついものにしてしまったことは否めない。後半は、前半に受けに廻っていたアンゴラが攻めてくることは容易に想像がついた。そんな中でも、ディフェンス陣の対応でシュートや危ない場面はあったものの得点を許すまでには至らなかった。後半の苦しい場面でも完全に引かずにいたことが、交代のカードを切ったことで展開を自分たちのほうへとひきつけたのではないだろうか。66分に田中誠から松井大輔へ交代が告げられると、この時点で4バックへ…これが徐々に効果を現し、79分高原から大黒、80分稲本から阿部への交代で次第に主導権を握り返した。ロスタイムに入った直後、中村がタメを作って柳沢へ展開し、柳沢があげたボールに松井がヘッドで合わせて待望の先制点、これが決勝点になって最終戦を勝利で飾った日本代表。松井は嬉しい代表初ゴール。

PB160100-w512.jpg

守備面では無難なところを見せていたものの、サイドの攻防で縦へのケアが薄い場面が多く見られた。その部分を突かれる事は少なかったが、スペースが空いたことは凄く気になった材料だった。攻撃面では、相変わらずの決定力不足が露呈、本大会の予選リーグではプレッシャーは今日の試合の比ではない。チャンスの回数は減り、その少ないチャンスをいかに得点するかが予選リーグ突破の鍵を握るはずであるのに、フリーのシュートをふかしたりバー直撃が多く枠を捉えきれない。枠を捉えたアレックスのシュートのようにある程度のGKであればゴールの可能性は低い…だからこそ、シュートは枠内へ、ここが最低線なのだが…交代出場した選手に関しては、流れを巧く変えることが出来ていたし、その中の松井が得点を決めたことでよかったのではないと思う。最終的には勝利を収めたが、課題の山積された試合であったことは否めない。

PB160121-w512.jpg


http://www.nikkansports.com/ns/soccer/japan/nscore/2005/20051116jpnetc.html
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。