MATCH DAY REPORTS

日本代表を中心としてJリーグやカップ戦などのレポートをします。(浦和レッズとザスパ草津以外)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J.LEAGUE Division1 第29節 FC東京×ガンバ大阪

J.LEAGUE Division1 第29節
【FC東京×ガンバ大阪】
味の素スタジアム 15:00KICKOFF

東京(2-1)G大阪

得点:【東】馬場(44分)・今野(71分) 【G】シジクレイ(1分)

土肥洋一(FC東京)


開始直後に先制されるも、粘り抜いたFC東京が
首位ガンバ大阪に逆転勝利で首位戦線は混戦に…


前節を終えて、首位のガンバ大阪が前節まで残留ラインに入っていたFC東京とアウェイの味の素スタジアムに乗り込んで対戦。前節までの順位を考えれば、ガンバ大阪優位の予想が容易にたったところだが、終盤を迎え徐々に初優勝へのプレッシャーが掛かり始めるガンバは前節で大分に敗戦、一方のFC東京は降格争いの渦中にあった中で東京ダービーを制して残留争いからは一歩抜け出た感もあり上昇気配、ここで勝利することで残留を確実なものに近づけたいところだが…

PA300074-w512.jpg


宮本を負傷で欠き、前線3人の調子落ちが伝えられるガンバ大阪は大黒・二川を控えに廻す布陣で試合を迎える。これがどう響くのか?とも思われたが、それを振り払うかのように、開始直後に得たCKからシジクレイがヘッドで合わせて先制のゴールをガンバがあげた。ガンバに先制を許したことで、動揺が見え隠れするFC東京のディフェンスライン…ラインが完全に引いてしまってボール奪っても押上げがなく出しどころを探る間にボールを奪われ攻撃を展開される悪循環で、ペースは完全にガンバ大阪だったがよく凌いで前半はそのまま終了かと思われたロスタイムにFC東京の馬場が豪快なミドルを叩き込んで1-1で前半を折り返した。

これで完全に息を吹き返したのがFC東京だった。左サイドに前半途中から投入された鈴木則郎が機能して再三突破を図る、左からの展開がFC東京に勢いを与え逆に、ガンバ大阪の勢いを削ぐ形になる。前半とは一変してFC東京のペースになった。一方のガンバは、後半から大黒・二川を投入してみたものの逆に、奇を衒った戦術に選手がフィットせずにリズムを削ぐ結果に…前半に機能していたフェルナンジーニョも消え始めると、アラウージョも存在感がなくなってしまった。傾いた流れがそのまま結果となって、FKからガンバゴール前が混戦になり今野が押し込んで決勝点となる2点目をFC東京があげた。この1点を守りきってFC東京が残留に大きな勝点3をあげた。

馬場憂太


来週にナビスコ決勝を迎えるガンバ大阪が2冠へのプレッシャーから自滅した形か?指揮官の苦悩振りも見て取れるが、チーム全体が浮き足立っている感じは否めないし、これまで爆発力を誇った大黒・アラウージョ・フェルナンジーニョの前線
3人が揃って調子を崩しているのが気になるところ。この日、2・3位の直接対決になったC大阪×鹿島がスコアレスドローに終わったことで、首位ガンバに変動はなかったが、2位・鹿島(勝点差1)、3位・浦和(同4)、4位C大阪(同4)と首位戦線は混沌としてきた。次節のガンバ大阪×浦和レッズが今後を占う大一番になったことはいうまでもない。

遠藤保仁(G大阪)&今野泰幸(FC東京)

スポンサーサイト

第85回天皇杯全日本サッカー選手権 3回戦 横浜FC×FCホリコシ

第85回天皇杯全日本サッカー選手権 3回戦
【横浜FC×FCホリコシ】
三ツ沢公園球技場 13:00KICKOFF

横浜(1-0)FCホリコシ

得点:【横】内田智也

FCホリコシ善戦も、横浜FCが辛くも勝って4回戦へ

三浦知良


去年の天皇杯で16強へ進出したFCホリコシが再度のジャイアントキリングを狙って横浜FCに挑む。横浜FCにはカズが、FCホリコシにはアマラオが、ともにKINGと呼ばれた巨頭がトップに張って勝利を目指す。

前半は両チームとも全体にコンパクさが欠けてしまって、締りのない展開に終始する。こういう展開こそ地力の差が出てしまうというもの、横浜FCが厳しいリーグ戦を戦っていることを証明しているかのように優位には展開していたが、COMPACTさにかける展開で、押上げも少なく厚みのある攻撃が仕掛けられないこともあったが、FCホリコシの必死の頑張りにあってチャンスらしいチャンスは作れずにいた。その中で、巧くボールを引き出した横浜FC が内田のゴールで先制した。そのゴールを守って前半は1-0で横浜リード。

後半にはいるとアマラオが前線で頑張り、そのボールに反応しだしたホリコシが押上げもよくCOMPACTに全体を保って優位に試合を進める。しかし、横浜FCは真ん中に張ったトゥイードが効いてFCホリコシに決定的なチャンスをなかなか作らせない…終盤にアマラオが放ったミドルもGKがセーブして事なきを得るとFCホリコシには攻め手がなくなり。そのまま前半のリードを保った横浜FCが辛勝だが順当に4回戦へ駒を進めた。

アマラオ(FCホリコシ)

この日三ツ沢に目立ったのは、他チームのサポーターの姿、自分も含めてだが(笑)
オレンジのアルビサポ、赤青のFC東京サポが目立った。横浜FCには山口素弘がFCホリコシにはアマラオがいたからだが…移籍の目立つJならでは光景だろう。でも、それを容認できる日本のサッカーのよさも再認識した試合だった。

山口素弘(横浜FC)

JFL後期第7節 FCホリコシ×HONDA FC

JFL(JAPAN FOOTBALL LEAGUE)後期第7節
【FCホリコシ×HONDA FC】
高崎市浜川運動公園陸上競技場 13:00KICKOFF


FCホリコシ(2-1)HONDA FC
得点:【ホ】アマラオ(20分)・森(80分)【H】増田(57分)

PA020085-w512.jpg


FCホリコシが攻守に集中力で上回り、押され気味の展開をものにする

天皇杯3回戦の横浜FC戦を来週に控え、JFL後期第7節でホームに強豪HONDA FCを迎えて、どんなサッカーを繰り広げるのか? アマラオがどの程度までやれるのかも含めて、HONDA FCに対してどのようなサッカーをするかによってある程度は来週の展開が予想がつくだけに興味深い一戦ではあったが…

立ち上がりから地力に勝るHONDAがポゼッションで上回りホリコシゴールを脅かすが、集中力が高いホリコシディフェンス陣が踏ん張りゴールを割らせない。次第にHONDAのペースに慣れたホリコシが徐々にカウンターを仕掛ける場面が増え始める。先制点もカウンターで左サイドのスペースを突いた形でセンタリングが上がり、ゴール前フリーになったアマラオが冷静にヘッドでゴールマウスに流し込んもの。アマラオのゴールまでのポジショニングのよさが出た点だった。得点後は、ホリコシの高い位置からのプレスが効いてホリコシがペースを掴むが、追加点は奪えずに後半へ・・・後半の入りも前半同様、HONDAのペースだった。押し気味のHONDAがホリコシゴール前でボールを展開することが多くなる。GK鏑木の好セーブやゴールポストへの直撃弾などでなんとか凌いできたホリコシだったが、分厚い攻撃の前に同点に追いつかれてしまう。時間帯的にはHONDAが攻勢に出るとも思われたのだが、その後も集中力を切らせなかったホリコシは追加点を許さず、逆に途中出場の森がスペースを巧く使った攻撃から決勝点となる2点目を決めてそのまま逃げ切ってHONDAから勝利を上げる。

PA020101-w512.jpg


来週の天皇杯を控えて、守備陣の集中力が切れなかった点は評価できるだろう。いかに横浜FCの攻撃を凌ぎきってワンチャンスをモノにできるかが来週の試合では明暗を分けるはずで、来週へのいい予行演習になったのではないかと思う。去年もベスト16に進出しているだけに、今年もそれ以上の成績を期待してしまう。

PA020120-w512.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。