MATCH DAY REPORTS

日本代表を中心としてJリーグやカップ戦などのレポートをします。(浦和レッズとザスパ草津以外)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第83回全国高等学校サッカー選手権 準決勝 星稜×市立船橋

第83回全国高等学校サッカー選手権 準決勝第2試合
【星稜(石川)×市立船橋(千葉)】
国立霞ヶ丘競技場 14:10KICKOFF

星稜2(PK4-5)2市船

得点【星稜】田宮・大畑 【市船】小山・白山

20050109100654.jpg

試合開始直後から、中央からドリブル突破を仕掛ける星稜。一度仕掛けてからサイドへ展開する攻撃で、前半3分にはロングスローを起点に早くも先制。予想外の展開となったが、市船もその後徐々に盛り返し始め、左サイドの薬袋を中心に星稜陣内に押し込み始めると、終盤は完全に市船がポゼッションを握り、29分に同点弾。徐々に市船に傾き始めた試合は、1-1のまま後半へ
20050109101245.jpg

後半に入り、星稜は本田と橋本が前線で起点となり、攻撃の形を作りはじめたが、市船も渡邉広を中心にしっかりと守り続ける。すると後半29分、市立船橋が途中投入した“スーパーサブ”白山が、快足を飛ばして縦パス一本から逆転ゴール。試合は決したかに見えたが、最後まであきらめない星稜はロスタイムのCKのチャンスを生かし、劇的な同点弾。しかし、PK戦には今年度絶対の自信を持つ市船。6人目まで突入したところで星稜が外し、2大会ぶりの決勝進出を決めた
20050109101313.jpg

それにしても、星稜・本田の存在感が際立った試合だった。球際の強さ、コントロールの技術、スピードなどこのレベルでも際立った存在…それがチームと相まって、星稜はここまで勝ち進んで来たに違いない。名古屋入団が決まっているそうだが、Jの舞台で光り輝く存在になれそうな気がするが…
この試合の最後のシーンは、本当に感動的だった。ロスタイムに入り最後のプレーになると思われた(実際に最後のワンプレーだったが)GKから生まれた星稜の同点ゴールは「負けたくない」という気持ちがゴールに繋がった…この勢いをPK戦に持込みきれなかったのが残念ではあったが、賞賛に値する星稜高校のプレーだった。
スポンサーサイト

第83回全国高等学校サッカー選手権 準決勝 国見×鹿児島実業

第83回全国高等学校サッカー選手権 準決勝第1試合
【国見(長崎)×鹿児島実業(鹿児島)】
国立霞ヶ丘競技場 12:10KICKOFF

国見(0-2)鹿児島

得点【鹿】西岡・赤尾

20050109083920.jpg

昨年に続き5年連続の決勝進出を目指す国見高校と優勝経験はあるが単独優勝はない鹿児島実業は、6年ぶりの決勝進出を目指し対戦した。国見高校といえば、マジョルカ移籍の大久保、神戸への移籍の決まった三浦淳宏の現役代表を、一方の鹿児島実業はルマン(フランス)所属の松井大輔のU-23日本代表を最近では送り込む両チームだけに接戦が予想されたが…
20050109084018.jpg

立ち上がりから攻勢に出たのは意外にも鹿児島実業のほうだった。国見はこれまでの試合では、ロングボールを主体としてフィジカルで勝ってポゼッションを高めてボールを繋いできたが、フィジカル面で互角の鹿児島実業に対して、これまでの攻撃が仕掛けられず…鹿児島実業は国見に当たり負けないのできちんとボールの繋ぎが出来ていた。個々の基礎技術面でも鹿児島は国見を上回っていた。
それでも鹿実の先制点は、凄いラッキーな1点だった。ゴール前のスペースへのパスを心がけるように指示を出された西岡がハーフライン付近で蹴ったボールは、「(監督さんの指示通りに)ゴール前に蹴ったら入ってしまった」言うように折からの風にも乗って、ゴールに吸い込まれた。国見は本吉・中筋らを早目早目の交替で投入して攻撃を仕掛けるも鹿実の堅守もあり無得点、鹿実が赤尾のミドルで追加点を奪い完勝。初の単独優勝へ向けて鹿児島実業が決勝の舞台へ…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。