MATCH DAY REPORTS

日本代表を中心としてJリーグやカップ戦などのレポートをします。(浦和レッズとザスパ草津以外)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第83回全国高等学校サッカー選手権 3回戦 国見×藤枝東

第83回全国高等学校サッカー選手権 3回戦
【国見(長崎)×藤枝東(静岡)】
浦和駒場スタジアム 14:10KICKOFF

国見(0-0)藤枝東
 PK(5-4)

20050103214853.jpg

選手権の常連国見とサッカー王国静岡代表藤枝東の対戦。OBの顔ぶれを観ただけでも、両校ともにそうそうたるメンバー揃う伝統校同士の対戦。組織力とフィットネスで勝る国見にレッズに入団内定している藤枝東MF赤星がどこまで通用するのか?藤枝がどういったサッカーを展開して国見に対抗するかが焦点。
立ち上がりは、フィジカルに勝る国見が得意のロングボールを前線に放り込んで基点を作り、そこからのサイド攻撃を主体に藤枝ゴールに迫る。一方の藤枝も序盤からおされ気味の展開ながら、渋太いディフェンスで国見に決定機を許さず。少ないチャンスから赤星を中心としてシンプルだが鋭い速攻からチャンスを演出して、スコアに動きがないもの引き締まったいいゲームを展開する。
20050103215000.jpg

前半は国見やや有利で終了し、後半へ…後半に入ると、国見の攻撃に慣れてきた藤枝東にもディフェンス面でゆとりが見え始める。そのゆとりが、藤枝の攻撃面にも生きはじめて藤枝もかなりボールを廻せるようになるとともに、チャンスを作り出すことに成功するが…国見・藤枝東ともに決定力を欠いて、スコアレスのまま終了。
20050103215106.jpg

大会規定により、PK戦へ…
藤枝東の最初のキッカーは赤星…国見GKがストップしていきなり国見優勢の展開も、国見の3人目を藤枝のGKがストップして振り出しに…サドンデスの6人目明暗が分かれた。国見がPK戦を制して準々決勝へ進出。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。