MATCH DAY REPORTS

日本代表を中心としてJリーグやカップ戦などのレポートをします。(浦和レッズとザスパ草津以外)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'04 第18節 大宮×京都

J.LEAGUE DIVISION2 第18節
【大宮アルディージャ×京都パープルサンガ】
大宮公園サッカー場 14:00KICKOFF

大宮(0-1)京都  得点:(京)チェヨンス

来季の昇格に向けて、ここまで成績不振の京都が柱谷新監督を迎えての初戦だけに監督交替が起爆剤になるか…大宮も昇格争いに残るためには負けられないだけに、かなりの接戦が予想されたが…

前半は大宮ペース、トップのバレーのスピードを生かすべく縦のスペースへの早い球出しで大宮がチャンスを作り出す。バレーのスピードは京都DFには脅威だったはず、実際ゴール前の決定的なチャンスが何度かあったが、DF陣の頑張りとGKのセーブで何とか逃れた感じの京都だった。京都も手堅く守って攻撃へ繋ぐ意識なのだろうが、攻撃の起点になるはずの松井が下がり気味で、チグハグな攻撃に前半は終始…スコアレス

後半になり、大宮の縦への攻撃パターンに慣れてきた京都が徐々にペースを握り始める。ルーズボールも京都が拾う場面が多くなり、攻撃に厚みが出始める。両サイドの空いたスペースを効果的に使ってサイド攻撃を仕掛け、徐々に大宮ゴールを脅かし始める。決勝点になったチェヨンスのゴールも右サイドから上がったクロスから、ヘディングでゴールに流し込んだもの、結果は0-1だったが内容的には京都の順当勝ちといったところか(-.-)ボソッ
スポンサーサイト

ワールドカップ ドイツ大会 アジア地区第1次予選

ワールドカップ ドイツ大会 アジア地区第1次予選
【日本代表×インド代表】
埼玉スタジアム2002 19:20KICKOFF

日本(7-0)インド 得点:久保・福西・中村・鈴木・中沢・小笠原・中沢

【日本代表出場選手】
 GK 川口能活
 DF 坪井慶介・宮本恒靖(→小笠原満男)・中沢佑二
 MF 加地亮・福西崇史・小野伸二(→藤田俊哉)・三都主アレサンドロ・中村俊輔
 FW 久保竜彦(→鈴木隆行)・玉田圭司


インドのKICKOFFで始まる…いきなりインドが日本ゴール前に怒涛の攻撃を仕掛ける、日本がやろうとしたことをインドがやってる(^_^;)シュートはGK川口が冷静にフィスティングでCKに逃れる。インドのCKが終わり、改めて仕切りなおし…ポゼッションは当然日本が上回り得点の期待が高まる中、やってくれたのはやっぱり久保だった。サイドから入ったボールにジャンプボレーであわせ、日本が先制…立ち上がりの早い時間帯に得点できたことで日本の動きが加速する。3-5-2の両サイドの加地・アレックスのあがりも効果的だったがやっぱり小野と中村の動きが良かったし、久保・玉田の2トップもコンビネーションがいい。ゴール前に張る久保と広い範囲をカバーしながら動き回る玉田の動きがいいために、インドのDFラインはズルズルと下がらざるを得なかった。こうした展開から、久保が繋いで福西のゴールが生まれ、ゴール前でえたFKを中村俊輔がきっちり決めて、前半は終了。このまま手を抜かずに、きっちりと試合を進めて欲しいと思いつつ後半へ

後半に入っても玉田の動き出しは抜群…再三スピードを生かして、インドの守備ラインを突破してチャンスを作る。自ら作ったチャンスにシュートを打つも、鈴木隆行に美味しいところを持っていかれてしまう(笑)小笠原の個人技による追加点とFKとCKからの中澤の得点で日本が圧勝…しかし、後半に4-4-2にしたあたりでマークにずれが出たのか、決定的ではないがインドにチャンスを作られたあたりは修正点か(-.-)ボソッ それを差引いても久々にすっきりした勝ち方をした日本代表…英国遠征がしっかり生きていたのでよかった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。