MATCH DAY REPORTS

日本代表を中心としてJリーグやカップ戦などのレポートをします。(浦和レッズとザスパ草津以外)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'04 ファーストステージ 第6節 市原×新潟

J.LEAGUE DIVISION 1 第6節
【ジェフユナイテッド市原×アルビレックス新潟】
国立霞ヶ丘競技場 15:00KICKOFF

得点 (市)茶野・巻 (新)森田

試合前からヒートアップしていたのは、アウェイの新潟サポ…ゴール裏はオレンジに染め上げられ、市原ホームのはずの国立は新潟サポのほうが多かった(笑)前々節のホームビッグスワンでの試合でも4万を超える観衆を集めていることからも、珍しくはないんだけど、それにしても凄いもんだ。

試合は立ち上がりから市原ペース、ボールへの寄せとフリーランニングの質の違いで圧倒的にボールを支配して、優位に試合を進める。新潟のディフェンスがゴール前に集中したところを押し上げてきた茶野がフリーでミドルを叩き込んで先制。新潟はゴール前に人数をかけてはいるものの、攻守の切り替えが遅くセカンドボールを市原に拾われては攻撃をされるという悪循環。追加点も押し上げた茶野がクロスを入れ、競り勝ったFW巻がヘッドで叩き込んだ。

後半途中まで市原有利の試合展開は続いたが、終盤に近づくに連れて、暑さからか市原の運動量が落ちてきた。新潟の運動量は変わらないのでこの辺からペースが新潟に移り始める。ペースを掴んだ新潟は、途中から投入された森田がヘッドで市原ゴールをこじ開け1点差に詰め寄って、押せ押せの展開に…しかし、ゴール前への攻めの工夫が見られず、単純なカウンター狙いの攻撃では市原DFも猛威には崩せず。そのまま市原逃げ切って勝利、2位を堅守。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。