MATCH DAY REPORTS

日本代表を中心としてJリーグやカップ戦などのレポートをします。(浦和レッズとザスパ草津以外)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第83回天皇杯全日本サッカー選手権 決勝 C大阪×磐田

83回天皇杯全日本サッカー選手権 決勝
【セレッソ大阪×ジュビロ磐田】
国立霞ヶ丘競技場 13:30KICKOFF

C大阪(0-1)磐田
得点:(磐)グラウ

ジュビロ磐田がJ昇格後初の天皇杯を制して、今シーズン最後のタイトルを奪取。

立ち上がりは、セレッソ大阪が早い切り替えから攻め込むが攻撃に工夫が少なく、大久保のスピードとバロンの高さでの攻撃に終始した感じで攻撃のパターンを掴み始めると徐々に磐田が得意のパス廻しからチャンスを作り始める。サイドをワイドに使っての攻めで、何度か決定的なチャンスを迎えるもセレッソDF陣の必死の守りにゴールを割ることは出来ないまま後半へ…

後半に入っても速攻からチャンスを作り出そうとするセレッソとワイドに攻める磐田の図式は変化はなし、セレッソは徳永・西澤の投入で攻撃にアクセントをつけようとするがイマイチ、一方の磐田はボランチの成岡に代えてゴン中山を投入すると、劇的に流れが変わった…唯一の得点もDF田中誠からの縦パスに中山が反応して、前田→グラウと繋ぎゴール前でグラウが粘ってゴールに押し込んだもの、中山が入ってから前への意識が高まった磐田が完全にペースを握ったが…このあと、グラウがレッドカードを貰って退場すると、セレッソが攻勢に出たのだが集中力の切れない磐田が逃げ切って試合終了。セレッソにとって痛いのは、失点直後の決定的なチャンスを逃したことか…森島のシュートが枠にいっていればと悔やまれるほど決定的だったし、失点直後だっただけに磐田に精神的に優位にたたれることなく試合を進められたはずだったが…その辺が常にタイトルに絡むチームと勢いだけのチームの差なのかもしれない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。