MATCH DAY REPORTS

日本代表を中心としてJリーグやカップ戦などのレポートをします。(浦和レッズとザスパ草津以外)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'03 セカンドステージ 第11節 横浜×C大阪

J.LEAGUE DIVISION1 2ND STAGE 第11節
【横浜F.マリノス×セレッソ大阪】
国立霞ヶ丘競技場 14:00KICKOFF
横浜FM(2-2)C大阪
得点:(横)マルキーニョス・柳 (C)大久保・徳重

セカンドに入ってから絶不調(?)のセレッソは攻撃が噛み合わないのか、守備が不安定だから攻撃に切れがないのか?タレントだけは揃っているだけに…一方の横浜はしぶとく勝ち点を重ね今日の勝敗如何では再び首位の可能性もありなのだが…

中盤からプレスを効かせてボールを奪取…ここまではいいのだが、その後の展開が遅く攻め手を欠いてはいたものの予想に反して主導権を握ったのはセレッソ、プレスの効いた中盤から早い攻撃が仕掛けたいところなのだが…ハイボールには横浜CBの中澤が制空権を完全に制圧、セレッソは早い動き出しから裏を取ってゴールに繋げたいところ。それが実って大久保の先制点が生まれるが、得点後に一旦集中が切れたのか?すぐに横浜に追いつかれてしまう。しかし、早々にMF佐藤由紀彦が退場して一人少ない横浜はこのあともセレッソに攻められて前半に徳重のゴールが決まってセレッソリードで後半へ…

後半も一人多いセレッソが横浜ゴール目に攻め込むのだが、決定機を逃してしまって嫌なムードが漂い始める。佐藤の退場で右サイドの攻め手を欠いた横浜は右SBに入っている柳想鐵の位置を上げてバランスの修正を図る。バランスの修正が効き始めると攻防は一進一退に…なかなかゴールを割れずにいたのだが、柳のヘッドで何とか同点に追いつき、ヴェルディとは勝ち点差なしの2位に…しぶとい横浜、セレッソは勝てないチームのサガか?もう一点の止めが刺せずに勝てる試合を落としてしまった
スポンサーサイト

'03 セカンドステージ 第11節 東京V×仙台

J.LEAGUE DIVISION1 2ND STAGE 第11節
【東京ヴェルディ1969×ベガルタ仙台】
味の素スタジアム 18:00KICKOFF
東京V(0-0)仙台

崖っぷちでもう負けられない仙台と勝てば首位を守れるヴェルディの対戦。ファーストでは、ゴールの応酬の末に引分になっているカード。場所を仙台から味の素スタジアムに移しての再戦は…ヴェルディは日本代表の三浦淳宏が出場停止、仙台はCBの元日本代表の小村を怪我で欠いている。ヴェルディはセカンドに入ってから安定した守備とボールを大きく動かして展開するサッカーを見せて好調だが、後のない仙台は専守防衛でカウンター狙いの作戦に出ることは明白なんだけど、厚みのあるヴェルディの攻撃にどこまで耐え反撃を試みるのか

前半は予想通りヴェルディペース、ボランチの森保・望月どころか本来はサイドに張り出して攻撃を担うべきはずの岩本・シルビーニョまでもが守備に追われる展開で、仙台の失点も時間の問題かと思われたのだが、ボランチの位置からの粘り強い守備CBファビアーノのカヴァーリングなどでスコアレスに迎えて後半に繋いだ。後半に入ると仙台は手を打ってきた、ばらんづの崩れていたかに見えたボランチの望月に代えて石井俊也を投入すると、森保とのバランスが良くなり高い位置でボールを奪取できるようになってカウンターが冴え渡る。左右両サイドからのサイドアタックに佐藤寿人が石井俊也がゴール前で絡むが…しかし、惜しくもゴールを割ることが出来ずに試合はスコアレスのまま終了。どれか1本でも決まっていれば…後半は完全にベガルタペースだっただけに、遠い一点が悔やまれる

'03 セカンドステージ 第9節 FC東京×鹿島

J.LEAGUE DIVISION1 2ND STAGE 第9節
【FC東京×鹿島アントラーズ】
味の素スタジアム 15:00KICKOFF
FC東京(5-1)鹿島
得点:(F)OG・ケリー・アマラオ・戸田・金沢 (鹿)OG

ボロ負けした鹿島を見たのは久しぶり…しかしなぁ…FC東京は練習でも決めないようなシュートをこれでもかっていうくらいに決めるし(-_-;)主審がゲームをコントロールし切れなかったから、凄く大味なゲームになった感は否めない。戸田に対する名良橋のファールは致し方ないとしても…小笠原の2枚のイエローとかFC東京の阿部への一発レッドは理解に苦しむ。なんだその判定は…っていうのが多すぎた。

それを差し引いても、FC東京の堅守速攻は光っていた…アマラオとケリーを起点に2列目からは石川と戸田が絡んで…サイドバックの押し上げも効いていたね。加地くんは代表選出された自信がそうさせるのか、実に堂々たるプレーだった。右サイドは加地と石川が左は金沢と宮沢と戸田が抑えて鹿島の攻撃が単発になってしまったし、プレスが効くもんだからくさびも打ち込めない鹿島は攻めあぐねる時間帯が多かった。縦に抜ける勇気が欲しかったのに、横パスばかりでそれも奪われて更に悪い状況へと…鹿島のGKがソガぢゃなかったら、何点取られたことか\(T▽T)/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。