MATCH DAY REPORTS

日本代表を中心としてJリーグやカップ戦などのレポートをします。(浦和レッズとザスパ草津以外)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'03 セカンドステージ 第6節 東京V×C大阪

J.LEAGUE DIVISION1 2ND STAGE 第6節
【東京ヴェルディ1969×セレッソ大阪】
味の素スタジアム 13:00KICKOFF

東京V(4-2)C大阪

得点:(V)平本・エムボマ・ラモン・ロペス (C)森島2

アルディレスが監督に就任以来好調を維持するヴェルディ、セカンドに入ってからの得点力は凄まじいものがある。首位を行く鹿島がしぶとく勝ってるいるのに比べると得点力があからさまに違う(-.-)ボソッ、攻撃力という点ではヴェルディにひけをとらないセレッソだが、前節警告2枚受けて出場停止のエース大久保の穴をどう埋めるか…穴を埋めきれば攻撃力ではひけを取らないので面白い試合になりそう。

前半から点の取り合いに、ヴェルディは持ち前のパスワークにエムボマ・平本が絡んで得点を奪えば、セレッソもカウンターから森島が決めて追いつくといった展開。前半はスペースを巧く消したセレッソペースだったが、後半は選手を入れ替えたヴェルディが運動量の落ちたセレッソのスペースを巧くついて勝越し…駄目押しと…決定力を発揮して快勝した。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。