MATCH DAY REPORTS

日本代表を中心としてJリーグやカップ戦などのレポートをします。(浦和レッズとザスパ草津以外)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'03 第33節 大宮×鳥栖

【大宮アルディージャ×サガン鳥栖】
大宮公園サッカー場 18:30KICKOFF
大宮(3-0)鳥栖
得点:森田・バレー2

守備の集中力が最後まで持たずに失点を重ねる鳥栖と決定力不足から守備力は安定しているものの甲府の後塵を拝して5位に低迷する大宮の対戦。大宮が安定した守備から、得点を重ねるかに思えたゲームは、意外にも鳥栖のリズムで終盤まで続くことになる。鳥栖は簡単にはたいてサイドやDFの裏に選手を走らせてチャンスを作るのだが、最後はU-20日本代表GK川島を中心とした大宮DFの壁にはじき返されて無得点。流れを変えに来た大宮は森田を投入して高さを生かして前線に起点を作ると、その森田が先制点を叩き込む。先制点を許し焦りの出た鳥栖DFは焦りからエリア内でバレーを倒してPKを与えてしまい追加点を奪われる。集中力を失った鳥栖DFに対して大宮は畳み掛けるように攻撃を仕掛けバレーが更に駄目を押して、3-0で完勝。鳥栖はクロスやフィニッシュに対する厳しさが足りないのか?形が見えない状況のような気がする。攻めのビルドアップはある程度出来ているし、攻撃のパターンを作り出すことで連敗脱出の糸口を見つけ出して欲しいのだが・・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。