MATCH DAY REPORTS

日本代表を中心としてJリーグやカップ戦などのレポートをします。(浦和レッズとザスパ草津以外)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'03 セカンドステージ 第2節 仙台×神戸

J.LEAGUE DIVISION1 2ND STAGE 第2節
【ベガルタ仙台×ヴィッセル神戸】
仙台スタジアム 19:00KICKOFF

仙台(1-1)神戸

得点:(仙)根本 (神)シジクレイ

ファーストステージからの連敗を何とか止めたい両チーム、仙台はセカンド開幕直前に移籍により選手を補強し前節の清水戦での引分に続いてホームで勝点をしっかりゲットしたいところ…前節欠場のキャプテン森保も復帰して望月とドイスボランチを組む、やはり新加入の小峰は右サイドバックに入って、控えには前節サテライトリーグに出場していた阿部敏之、新加入のFW福田健二がはいっている。

立ち上がり落ち着きを取り戻すまではやや神戸ペース、トップのオゼアス・幡戸の個人技やMF岡野のスピードを生かした突破からチャンスを掴みかけたが、仙台DF陣が凌いで徐々に落ち着きを取り戻すと仙台は右サイドはボランチ望月&シルビーニョが、左サイドは岩本輝雄&根本裕一のコンビでサイド攻撃を仕掛けはじめる。先制したのは仙台、23分シールビーニョから出たボールを根本がゴールに突き刺して先制、このまま勢いに乗りたいところだったのだが…10分後仙台ゴール前で甘くなったクリアボールを拾ったシジクレイに痛いミドル弾を叩き込まれて同点にされてしまう。いつもなら気落ちして攻め立てたれそうなところだが、ここはホーム熱い声援をバックに神戸の攻撃を凌ぎ同点のまま後半へ…不安はCBのファビアーノが負傷退場したことか?(これは代役村上の踏ん張りで杞憂に…)

後半開始、後半は仙台ペースの時間が長かった。特に左サイドは根本の踏ん張りもあってここを起点に何度もクロスからチャンスを作ったのだが、最後の詰めが甘くというよりも、ゴール前での積極性を欠いて得点できない。こぼれ球を丁寧に繋ぐ意識が一度サイドへとボールを出させてしまい、スピードダウンから神戸DF陣に立て直しの時間を与えてしまい崩せず仕舞い、時には強引にシュートに行ったり突破をみせて欲しかったが…シュートは打たないとゴールには結びつかないぞ(-.-)ボソッ 試合は膠着状態のまま終了、DF/MF陣の踏ん張りは評価できるが…FWがなぁ、やっぱりターゲットになるべきマルコスの不在は痛い仙台である。負けはしたがマルコス復帰の浦和戦なんかはコンセプトがはっきりしてて流れも良かったもんなぁ~(-.-)ボソッ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。