MATCH DAY REPORTS

日本代表を中心としてJリーグやカップ戦などのレポートをします。(浦和レッズとザスパ草津以外)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KIRIN CHALLNGE CUP 2003 日本代表×ナイジェリア代表

KIRIN CHALLNGE CUP 2003
【日本代表×ナイジェリア代表】
国立霞ヶ丘競技場 19:00KICKOFF

日本(3-0)ナイジェリア

得点:(日)高原2・遠藤

まさか海外組が召集されるとは…という感じのナイジェリア戦、否が応でもホーム初勝利への期待感は高まるばかり、一方のナイジェリアといえば若手中心で前々日まで召集選手のうち8人しか来日していなくて、大丈夫なのかといわれてしまうほど(-.-)ボソッ、
来日したメンバーは一群には程遠いものだったが…

キックオフ直後、お互いに守備陣形が整わないうちから激しいボールの奪い合い…ここでイニシアチブとったのが日本ゴール前に出たボールを高原が豪快に蹴りこんで先制、開始59秒、目の前にいきなりゴール決めて興奮状態になった高原が裸で走ってきたよ(-.-)ボソッ、ボールが落ち着きだすとナイジェリアの身体能力が全開に…一瞬のスピードやキレのある動きは流石、日本は坪井、宮本が中心になって必死のディフェンスを強いられることに、しばらくはナイジェリアが優勢に試合を進めるが、組織が出来ていないために攻撃が個人技に走りがちで単調だったせいもあり、スピードに慣れ始めると徐々にだがボールが繋がり始める。形勢が日本に戻りつつあるところで、高原今度はヘッドでゴールを陥れる。高原は身体のキレはいいようだね、一方のイタリア帰りの柳沢はといえば…相変わらず周囲を生かすというコンセプトは感じられるけど、強引さの足りない動きで不満が残る、確実に行こうという気持ちは判るけどもっと積極的にいって欲しいという場面が多かった。後半も組織だって守る日本と、個人技で対抗のナイジェリアの構図は変わらず…遠藤の代表初ゴールで3-0と日本が突き放して試合終了。

相変わらず交替が少ないジーコJAPAN、せっかく呼んだ選手がもったいない気がする。今日の展開なら、交替枠一杯まで選手を使っても間違いなく勝てたはず、ワールドカップ予選が前倒しになってコンビネーションを高めるといった意味で交替を少なくしたのだろうが、少なくとも呼んだ選手の何人かは使って適性を掴むといったことをしても良かったのではと正直思った。少なからず予選に入れば交替を余儀なくされる場面が出てくるのだから、それを想定した交替を試すことは必要だと思うのだけど…
スポンサーサイト

練習試合 FC東京×慶応大学

TRAINNING MATCH
【FC東京×慶応大学】
アミノバイタルフィールド 15:30KICKOFF(30分ハーフ×3、一本目のみ観戦)
FC東京(3-0)慶応大学

味の素スタジアムのサブピッチのアミノバイタルフィールドでFC東京の練習試合が行われた。今日は代表戦観戦のために、一本目だけの観戦。練習試合は通常一本目にレギュラークラスが出てくるからなんだけど、大学生チーム相手にどういったサッカーするのか興味が…

圧倒的にボールを支配するのはプロとして当然、だけど余裕があるからなのか?ゴール前の攻めが結構雑で得点機会はあった割にはゴールが割れず(-.-)ボソッ 慶応もカウンターから攻めようとするのだけど、プロの寄せの速さにあって決定的なところまでは崩せない…同じ大学生の徳永の左サイドを崩そうとしても、プロとアマのスピードとフィジカルの違いをまざまざと見せ付けられる形に…FCで目立ったのは、左サイドの金沢と右サイドの石川、それに真ん中のケリー、怪我でリハビリ明けのジャーンも出場していたけど、怪我の影響は全くといっていいほど感じなかったな…次節は先発もありそうな感じ(-.-)ボソッ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。