MATCH DAY REPORTS

日本代表を中心としてJリーグやカップ戦などのレポートをします。(浦和レッズとザスパ草津以外)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'03 第26節 川崎×甲府

J.LEAGUE DIVISION2 第26節
【川崎フロンターレ×ヴァンフォーレ甲府】
等々力陸上競技場 19:00KICKOFF

川崎(4-1)甲府

得点:(川)ホベルチ・伊藤・ジュニーニョ・今野 (甲)外池

前節の勝利によりクラブ史上最高順位のJ2の4位にまで浮上してきた甲府が、川崎に乗り込んで3位のフロンターレに挑んだが…あまりに大きすぎる、トップ3の壁か?前半から、川崎フロンターレの攻撃の前になす術もなくという感じだった。川崎は要所に外国人選手を配しているし、過去にはJ1にも所属していたほどの実力があるのだから、地力の違いといえばそれまでなのだが…前半の3失点に気落ちすることなくたて直しを図った甲府、特にフロンターレの茂原がyellow2枚で退場してから次第にペースを握り始め、サイド攻撃を主体にして川崎ゴールを攻め立てたが、フィニッシュに精度を欠き後一歩攻めきれない。やっと小倉のFKから、最後は外池が押し込んで1点返すと完全に甲府の押せ押せの展開だったが…しっかり耐えた川崎が終了間際に今野の駄目押しで4-1と突き放して勝利。

トップ3と4位以下の勝点差が大きく、昇格争いは新潟・広島・川崎に絞られた感の強いJ2なのだが、4位以下のチームはほぼ団子状態で、実力もかなり拮抗しているために順位の変動も激しそう…それはそれで選手のモチベーションにはなるはずだから、いいことだしね。そういう意味でも、小倉のいる甲府には頑張ってもらいたいんだけどな(-.-)ボソッ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。