MATCH DAY REPORTS

日本代表を中心としてJリーグやカップ戦などのレポートをします。(浦和レッズとザスパ草津以外)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W杯一周年記念試合 アントラーズ・JAPAN×アントラーズ・BRAZIL

ワールドカップ1周年記念試合
【アントラーズ・ジャパン×アントラーズ・ブラジル】
カシマサッカースタジアム 17:45KICKOFF

A.JAPAN (2-3) A.BRAZIL

ワールドカップメモリアル・ドリームマッチと銘打たれたこの試合には鹿島アントラーズの初期のメンバー始め日本代表選手含む日本人選手、そして在籍のブラジル人選手が終結した。今日のメンバーの中で注目は、やっぱりレオナルドとジョルジーニョのセレソンコンビかなぁ~、もちろんジーコ日本代表監督やトニーニョ・セレーゾやサントス、ビスマルクもいたし、カッパのアルシンドはさらにカッパ化が進んでいたけど(笑)よくよく考えると、元セレソンが7人いたんだよね…それも凄いけどね。日本のほうの先発は、大野・石井・入井・賀谷なんかの懐かしのDFラインが揃っているし、黒崎・長谷川の2トップも懐かしい(-.-)ボソッ

試合のほうはさすがに「腐ってもブラジル代表」が揃ってるだけあって、ブラジルチームが技術に物言わせてゲームを支配する。日本は攻め込んでもアイディアが足りないのでゴール前まではいっても、いい形に持っていくことが出来ない。それにしても、やっぱりレオナルドは華があるね、ボールのタッチが柔らかいし溜息が出てしまう…でも、先制点を決めたのは意外にも監督のセレーゾだった、おぢさん頑張りすぎ(笑)ブラジルチームが技を見せ付けて前半終了。

後半にはいる前にハーフタイムショー、出てきたのは12番のユニにミニスカの小柳ユキだった。「ほっそいなぁ~」という印象かな(笑)でも、歌はうまいねぇ~、どっからあんだけのパワフルな声が出てくるのやら???ハーフタイムショーもそっちのけで、周囲が騒がしくなったと思ったら、目の前のピッチ上でアントラーズの現役選手がアップ始めたのだった。一番人気は移籍する柳沢を差し置いて、やっぱり中田浩二くんだった(笑)ちなみに至近距離10m以内にいた選手、柳沢・中田浩二・鈴木隆行・本山・小笠原・熊谷…ならびに並んだ新旧日本代表選手、そのアップは壮観だったね。

後半に入って、現役選手中心になった日本チームは連携もよくなり攻め始めるが、腐ってもブラジルだわ、ここでも技術を発揮して得点重ねちゃうし(笑)どっちも技術的には申し分ないんで、観ている方は凄く楽しいしね。いつものポジションとは違うからそれが新鮮な選手もいたりしてね。ビスマルクのDFとか中田浩二のセンターバックとかめったに見られるもんじゃないしね。とにかく面白かったですわ。最後に大雨さえ降ってこなければ最高やったのになぁ(-.-)ボソッ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。