MATCH DAY REPORTS

日本代表を中心としてJリーグやカップ戦などのレポートをします。(浦和レッズとザスパ草津以外)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習試合 FC東京×東京学芸大学

TRAINNING MATCH
【FC東京×東京学芸大学】
FC東京小平グランド 14:00KICKOFF

一本目 FC東京(4-1)学芸大 得点:宮沢・馬場・ルーカス2
 GK/塩田
 DF/藤山、ジャーン、増嶋、金沢
 MF/三浦、宮沢、梶山、馬場、戸田
 FW/ルーカス

二本目 FC東京(4-0)学芸大 得点:阿部3・近藤(祐)
 GK/遠藤
 DF/大谷、前田、松本、鈴木
 MF/呉章銀、浅利、小林、李
 FW/阿部、近藤(祐)


 試合はキックオフから相手陣内に大きく攻め入ると1分、連続したCK。右CKを宮沢が中央へ入れるが相手DFに跳ね返される。これを金沢が拾い、増嶋・馬場とつなぐと馬場から左サイド戸田へ。戸田は左サイドから中央へクロス。ファーサイドまで行ったボールには逆サイドでCKを蹴っていた宮沢が走り込み、頭で押し込み幸先よく先制点を奪った。直後の3分には、中盤で左右にボールをつなぎ、揺さぶりを掛けていた中で宮沢が縦へスルーパス、これにルーカスが抜け出て、ルーカスは相手DFのタイミングを外して中央へ。これを馬場が難なく押し込んで2点目。しかしその後の6分には、左サイドを突破され中央へクロスを入れられる。一度増嶋はクリアをするものの、そのこぼれ球を直接シュート、かなり距離のあるロングシュートであったが、塩田も意表をつかれ動けずに見送るだけで、1点差に追い上げられてしまった。16分、自陣右サイドからジャーンが大きく前方にフィード、これに左サイドからルーカスが走り込む。相手DFは誰もが流れてGKのボールになると思ってたところにルーカスが飛び込んでいった。GKも慌てて飛び出すが、ルーカスのほうが一歩早くボールに触り、ゴールに流し込んだ。30分には、相手陣内でDFがボールキープしているところをルーカスが勢いよくプレッシャーをかける。このボールを奪うとゴールに向かってドリブルをスタート。目前のDF2人を華麗にかわし、そのままシュート。今日2点目を決める。前半はこのまま4-1で終了となった。

 後半に入り、メンバーを入れ替えて臨む。中盤では浅利が相手に仕事をさせず、サイドは小林が切り崩すといった、先日のサテライトリーグの好調さを持続させ試合を展開させていく。9分、右サイドで前田・浅利とつなぐと浅利から縦の阿部にスルーパス。阿部がこれで抜け出しGKと1対1になり落ち着いてシュートを決める。21分にも右サイドに抜けたチャンから中央へクロス、ファーサイドまでボールは流れるがこれを李がキープし中央へ、阿部はボールを受けると目前のDFを右にかわし狙い済ましてシュート。ゴール右隅に決める。38分には、相手がつないできたボールをピッチ中央付近で大谷がカット。これを浅利が前方へつなぐと小林へ。小林はワンタッチ後、絶妙なタイミングでスルーパス。これに阿部が抜け出しシュート。ゴールが決まり、これで阿部はハットトリックとなる。終了間近の43分には、右サイドに浅利が抜けると、小林・阿部とつなぎ小林が右サイドへスルーパス。浅利がボールを受けると落ち着いて中央へ。これに近藤(祐)が走り込みゴールを決める。後半も流れに乗った攻撃で得点を重ね、8-1として試合を終えた。

 しかし、偶然とはいえ大学生相手に一点献上したのはいただけない(-.-)ボソッ コーチングの甘さとキーパーのポジショニングが明らかに悪かったし…それを除けば危なげなし。
スポンサーサイト

練習試合 鹿島×栃木SC(JFL)

TRAINNING MATCH
【鹿島アントラーズ×栃木SC】
鹿島アントラーズクラブハウスG 15:30KICKOFF
鹿島(7-0)栃木
得点:平瀬・エウレル・深井・野沢2・元川(ユース)・大谷

前半はレギュラー組が先発、左SBが相馬に代わって石川が入り、怪我で欠場中の中田浩二のボランチの位置には本田が入ってゲーム開始。バランスが悪いのもあってか、流れがいまいち掴めない中からでも、なんとか形を作り出して点に結びつけるあたりが、J1とJFLのチームの底力の違いか?平瀬の得点で先制した後、ゴール前の混戦で上がったボールをエウレルが豪快にオーヴァーヘッドで叩き込んで追加点を奪う。守備のほうは、時折サイドから栃木が攻撃するもサイドバックのケアと秋田・大岩のCBコンビとGK曽ケ端の的確なコーチングもあって決定的なチャンスは作られない。後半はサテライト組二メンバーを入れ替えたが、こちらが大爆発…前半で集中力が切れたのか?終盤になるにつれ鹿島が一方的に攻め立てて終了。ボールへの寄せ、展開する視野の広さや判断の速さどれを取ってもプロと違いがでた一戦(-.-)ボソッ

練習試合 FC東京×千葉県国体選抜

TRAINNING MATCH
【FC東京×千葉県国体選抜】
アミノバイタルフィールド 15:30KICKOFF
FC東京(7-1)千葉選抜

国民体育大会を控えた千葉県国体選抜(少年)チームがプロチームの胸を借りて、練習試合に臨んだ形…基礎技術やボールの繋ぎは、流石に県選抜チームと思わせるものがあったけど、動き出しの速さ等ではプロには付いていけずに完敗(-.-)ボソッ、しかし気になるのは、レギュラー組が出場した1本目が3点止まり、相変わらずの雑なゴール前での繋ぎが気になったFC東京ではある…両サイドからの展開はいいものがあるのだけど、最後のセンタリングやフィニッシュに精度を欠いて圧倒的にボールを支配しながらもというもどかしい展開。2本目は、1点を献上したもののU-20日本代表の鈴木・馬場等の縦への突破からゴールをこじ開けて4点を奪取…いいアピールになったのではないか?特に鈴木は独特の間合いから繰り出すドリブル突破がいいアクセントになっていた。これからトップでの出場の機会も増えるはず…楽しみな選手が出てきた(-.-)ボソッ

練習試合 FC東京×慶応大学

TRAINNING MATCH
【FC東京×慶応大学】
アミノバイタルフィールド 15:30KICKOFF(30分ハーフ×3、一本目のみ観戦)
FC東京(3-0)慶応大学

味の素スタジアムのサブピッチのアミノバイタルフィールドでFC東京の練習試合が行われた。今日は代表戦観戦のために、一本目だけの観戦。練習試合は通常一本目にレギュラークラスが出てくるからなんだけど、大学生チーム相手にどういったサッカーするのか興味が…

圧倒的にボールを支配するのはプロとして当然、だけど余裕があるからなのか?ゴール前の攻めが結構雑で得点機会はあった割にはゴールが割れず(-.-)ボソッ 慶応もカウンターから攻めようとするのだけど、プロの寄せの速さにあって決定的なところまでは崩せない…同じ大学生の徳永の左サイドを崩そうとしても、プロとアマのスピードとフィジカルの違いをまざまざと見せ付けられる形に…FCで目立ったのは、左サイドの金沢と右サイドの石川、それに真ん中のケリー、怪我でリハビリ明けのジャーンも出場していたけど、怪我の影響は全くといっていいほど感じなかったな…次節は先発もありそうな感じ(-.-)ボソッ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。