MATCH DAY REPORTS

日本代表を中心としてJリーグやカップ戦などのレポートをします。(浦和レッズとザスパ草津以外)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

REAL MADRID JAPAN TOUR 2004

REAL MADRID JAPAN TOUR 2004
【東京ヴェルディ1969×レアル・マドリード】
味の素スタジアム 18:56KICKOFF

東京V(0-4)R.MADRID
【得点】ジダン・ロナウド・フィーゴ・モリエンテス

銀河系軍団の面目躍如…東京Vを手玉にとって圧勝

昨年に続いて今年のプレシーズンも日本にやってきたレアル・マドリード、昨年のFC東京との対戦では、怪我のジダンの出場がなく残念な思いだったが、今年はジダンが見られる…ローマから移籍のサムエルも遠征に参加しているし、新しいメンバーと昨年からのメンバーとの融合が楽しみだ(-.-)ボソッ

先制点はジダン…ゴール前でロナウドからのパスを受けるとマルセイユ・ルーレットを披露して、東京VのGK高木を翻弄してあっさりとゴールを割る。目の前で見たルーレットは…圧巻の一言だった。これを観れただけでも、今日は味の素スタジアムに来た甲斐があったというもんだ(-.-)ボソッ そして、2点目のロナウドのゴールも圧巻だったね、ベッカムのパスで抜け出して、豪快に右足を振り抜いてゴール。ゴールにこそ繋がらなかったものの、ロナウドは鋭いドリブルを何度も披露してチャンスを演出していた。

後半もフィーゴの追加点に、モリエンテスがゴールして駄目を押して4-0。特にモリエンテスがゴールを決めた4点目はきれいだった。ワンタッチでのパス交換の連続からラウル…モリエンテスのスペイン代表FWコンビでの得点は見事というほかなかった。それにしても、ヴェルディの当たりの弱さというかあまりの積極性のなさには閉口(-.-)ボソッ 点を取りに行く姿勢があまり見られなかったのが残念だった。昨年もレアル見たけど、FCは本気で点を取りにいってたし面白かったけど。今年のヴェルディはほめられたもんじゃない。唯一見せ場を作ったのが、交替で出てきた森本だったけど、それ以外は観るべきものはレアルだけだった(-_-;)
20050103104303.jpg

スポンサーサイト

FAMILYMART DREAM MATCH 横浜×レッジーナ

FAMILYMART DREAM MATCH
【横浜F.マリノス×レッジーナ】
横浜国際総合競技場 19:00KICKOFF
横浜(1-2)レッジーナ

横浜に凱旋してきた中村俊輔、セリエAで一年揉まれたことでプレーの早さ、強さが身についているように感じていたので、観にいってきました。FC東京からマリノスに移籍した佐藤由紀彦も見たかったし(^_^;)やっぱり、巧い…ボールコントロールに関しては昔から定評があったのだけど、Jリーグの頃は変にボールをこねて全体のプレー速度を落としていた部分もあったけど、今の俊輔は簡単にはたくときはワンタッチで、タメを作るときはゆっくりこねてキープしてという感じで緩急というかメリハリの利いたプレーが目立った。レッジーナも残留争いしていたとはいえ、そこはセリエAのチームで守りは意外としっかりしていた。これもイタリアの伝統なのか?セリエ自体が守備偏重の嫌いがあるからなんだろうけどね。佐藤由紀彦と柳想鐵の右サイド、ドゥトラのいる左サイドとサイドを中心に攻めを展開するマリノスだったが、今日は控え組みが多くコンビネーション不足だけでなく、基本的なプレーの質がレギュラークラスと開きがあった印象。レッジーナの拙攻に助けられた感じが強く、1-2のスコア以上の開きを感じた。

SUNTRY DREAM MATCH FC東京×レアル・マドリード

SUNTRY DREAM MATCH GREATERS TOKYO FESTIVAL 2003
【F.C.TOKYO×REAL MADRID】
国立霞ヶ丘競技場 19:00KICKOFF

FC東京(0-3)レアル・マドリード

中国での試合が終わった後だけに、疲れからのコンディションが心配されたレアルだったが…ジダンが練習中に怪我ということで登録からも外れるという残念なスタメン発表から始まった。まぁ、あの雨で無理させたらと思うとしょうがない部分もあるけどね。スタメンからは、ロベカルとロナウドも外れているし\(T▽T)/

プレシーズンということもあって、コンビネーションがいまいちな立ち上がりのレアルそのコンビネーションの悪さを突く形でFC東京も攻め込むが、右サイドの石川・徳永をU-22の遠征で、アマラオをオールスターで欠いているだけに精度的に落ちるのはしょうがないとしても、ゴール前でトライする気持ちが足りないのかシュートには結びつかない。打っても枠を捉えるのが少なくては…そのうち、レアルのほうもコンビネーションが合い始めるとレアルペースに、ベースとなる技術もさることながら、スピードが違う…トップのラウルの調子がいまいちで点には結びついていないものの、一瞬も気の抜けないような展開に…先制はレアルのベッカム、左サイドで得たFKを直接蹴りこんでのゴール…圧巻でした、あの曲がりは(-.-)ボソッ 2点目は混戦からソリンが押し込んで追加点を奪って前半終了。

後半からは、カンビアッソ・ロナウド・ロベカルが出てきた。ロベカルのキックは凄いし、カンビアッソも目立たないけど守備センスが凄い。やっぱりレアルは層が厚い…って当たり前か、代表選手が控えにゴロゴロしているからね~(^_^;)圧巻だったのは、ロナウドの3点目、フェイク入れてドリブルしてスペース出来た瞬間にズドンってな感じであっさりとゴール決めてました。ちょうど角度的にすぺすの秋具合が見れたのですが「スペースが空くな・・・」と思ったら、もう蹴ってました(笑)やっぱり凄いです。FCで印象に残った選手…だれもいないっていうか、正直言って今日はレアルの選手しか観てない(-.-)ボソッ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。