MATCH DAY REPORTS

日本代表を中心としてJリーグやカップ戦などのレポートをします。(浦和レッズとザスパ草津以外)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KIRIN CHALLENGE 2005 日本代表×アンゴラ代表

KIRIN CHALLENGE 2005 go for 2006
【日本代表×アンゴラ代表】
国立霞ヶ丘競技場 19:20KICKOFF

日本(1-0)アンゴラ

得点:【日】松井大輔(90分)

【日本代表】
GK 川口
DF 田中(→松井)・宮本・中澤
MF アレックス・駒野・中田英・稲本(→阿部)・中村
FW 柳沢・高原(→大黒)

PB160070-w512.jpg


終了間際に松井が代表初ゴール
2005年最終戦を勝利で飾る


国際Aマッチデーで世界各地でW杯プレーオフと親善試合が行われる中、2005年最終戦が国立競技場で行われた。Aマッチデーということで召集可能な限りの欧州勢が呼ばれ、今年最後の代表戦はこれまでのコンビネーションを確認するには絶好の機会となるはずだったが…

立ち上がりから主導権を握ったのは日本代表だった。中田・中村が激しいマークを受ける中でも持ち味を発揮して、チャンスの起点となっていく。ボールが収まることでサイドへの展開やFW陣が裏のスペースをとる動きをしてチャンスを拡大していくが、決定的な場面での相変わらずのフィニッシュ精度の低さを露呈してしまう。前半だけも5本はあった決定機を逃したことが試合展開を多少きついものにしてしまったことは否めない。後半は、前半に受けに廻っていたアンゴラが攻めてくることは容易に想像がついた。そんな中でも、ディフェンス陣の対応でシュートや危ない場面はあったものの得点を許すまでには至らなかった。後半の苦しい場面でも完全に引かずにいたことが、交代のカードを切ったことで展開を自分たちのほうへとひきつけたのではないだろうか。66分に田中誠から松井大輔へ交代が告げられると、この時点で4バックへ…これが徐々に効果を現し、79分高原から大黒、80分稲本から阿部への交代で次第に主導権を握り返した。ロスタイムに入った直後、中村がタメを作って柳沢へ展開し、柳沢があげたボールに松井がヘッドで合わせて待望の先制点、これが決勝点になって最終戦を勝利で飾った日本代表。松井は嬉しい代表初ゴール。

PB160100-w512.jpg

守備面では無難なところを見せていたものの、サイドの攻防で縦へのケアが薄い場面が多く見られた。その部分を突かれる事は少なかったが、スペースが空いたことは凄く気になった材料だった。攻撃面では、相変わらずの決定力不足が露呈、本大会の予選リーグではプレッシャーは今日の試合の比ではない。チャンスの回数は減り、その少ないチャンスをいかに得点するかが予選リーグ突破の鍵を握るはずであるのに、フリーのシュートをふかしたりバー直撃が多く枠を捉えきれない。枠を捉えたアレックスのシュートのようにある程度のGKであればゴールの可能性は低い…だからこそ、シュートは枠内へ、ここが最低線なのだが…交代出場した選手に関しては、流れを巧く変えることが出来ていたし、その中の松井が得点を決めたことでよかったのではないと思う。最終的には勝利を収めたが、課題の山積された試合であったことは否めない。

PB160121-w512.jpg


http://www.nikkansports.com/ns/soccer/japan/nscore/2005/20051116jpnetc.html
スポンサーサイト

KIRIN CUP 2005 日本代表×UAE代表

KIRIN CUP 2005 go for 2006
【日本代表×UAE代表】
国立霞ヶ丘競技場 19:20KICKOFF

日本(0-1)UAE


進歩が見られない日本代表、UAE相手にもカウンターからの一発に沈む

P5270012-w512.jpg

仮想バーレーンとしての対戦相手のはずだったが、日本のホームでの試合ということもあって引き気味に守りを固めてくることは予想されたはずだったが、それに対する工夫もないままにペルー戦に続き一瞬の隙を突かれカウンターの一発に沈む。

前半からポゼッションは高いものの、ゴール前を分厚く固めたUAEに対してサイドをこじ開けて中央の守備を引っ張り出す工夫が見られない。守りを固めた相手にチャレンジする事も少なく、ボールをただ廻しているだけでは相手を崩すことが出来ないのだが…光明は、大黒のゴールに対する姿勢とボランチに入った小野伸二の存在感か?小野が攻撃的に出たことで、ゴール前の攻撃に厚みが出たことは確かだったが…鈴木の出来が悪くボールが収まりきらないことで大黒の飛び出しも生かせず仕舞いだった感が強い。

P5270013-w512.jpg

悪循環の攻撃が守備にも影響した感じで、失点のシーンはクリアしたセカンドボールをUAEに拾われて中途半端になったプレスの中を流れるようにパスを繋がれて失点した。マークの受渡しも中途半端にだったためにDFの対応が一歩遅れて失点に繋がってしまった。バーレーンに対しては中盤からのマークの確認をしっかりと対策して望まなければ、二の舞を踏みかねない。

幸いにも、DF陣は中澤も戻ってくることで高さに対する守備は安定するだろうから、中盤でのしっかりとしたマークを確認して、攻撃の基点として欲しい。攻撃では中田英寿・中村俊輔も加わって厚みを持たせられるだろうしタメを作ることも出来てくるだろうから、一層大黒の動き出しのよさを生かすことは可能になるはずだろうから、やはり注意すべき点はまず守備ありきではなかろうか?

P5270024-w512.jpg

KIRIN CHALLENGE 2005 日本代表×シリア代表

KIRIN CHALLENGE 2005 go for 2006
【日本代表×シリア代表】
埼玉スタジアム2002 19:30KICKOFF

日本(3-0)シリア

得点:【日】鈴木・宮本・小笠原

20050205105034.jpg

W杯アジア地区最終予選・北朝鮮戦に向けての日本代表の最後の壮行調整試合となったシリア戦、1月29日のカザフ戦を快勝してこの試合に臨んだが…代表合宿でのフィジカルトレーニングの疲れが残るのか全体的に動きが重く、前半で目立ったのはカザフ戦で2得点を挙げた玉田くらいだった。両サイド、特に右サイドの加地はカザフ戦とは打って変わって守備的になってしまい、それがシリアに攻撃を許した原因になったような気がする。前半の鈴木の先制点までの間にチャンスらしいチャンスといえばアレックスが放ったミドルシュートくらい。最後にサイドチェンジの繰り返しからアレックスのクロスを鈴木が決めて先制して前半終了。

20050205105009.jpg

後半に入って、動きの質が変わった。というよりも、先制点によって前半の動きの重さが取れてきたこと、シリアが守備偏重のスタイルから攻撃へシフトしてきたことで、お互いにボールが廻るようになり試合が動き始めた。途中でシリアに退場者がでて数的優位になった時点で日本代表の勝利はほぼ確定したかに見えたが、圧倒するまでには至らなかったものの、バランスを崩すことなく遠藤のFKから宮本が決め、終了間際に小笠原が駄目押し点を取って終了。3-0で快勝して北朝鮮戦へ弾みをつけた。

試合に勝って合宿の成果は見せたものの、交替選手に関しては多少の不満が…遠藤→中田浩二への交替は納得いくものだったが、田中誠→本山への交替をするよりも、大黒を試して欲しかった。意図的には4-4-2にシステム変更して、DFラインをアレックス・中澤・宮本・加地になるのでMFの本山投入、更には中田浩二-小笠原-本山-鈴木の鹿島ラインのコンビネーションに期待ということなのだろうが…来週の最終予選・北朝鮮戦へ向けてどのような布陣を敷くか?海外組の誰を招集するのか、楽しみは残る。

http://www.nikkansports.com/ns/soccer/japan/p-sc-tp3-050203-0008.html
http://www.nikkansports.com/ns/soccer/japan/f-sc-tp3-050202-0025.html

KIRIN CHALLENGE 2005 日本代表×カザフスタン代表

KIRIN CHALLENGE 2005 go for 2006
【日本代表×カザフスタン代表】
横浜国際総合競技場 19:20KICKOFF

日本(4-0)カザフスタン
得点:【日】玉田2・松田・アレックス

W杯アジア地区最終予選の初戦、北朝鮮戦へ向けての壮行試合。仮想北朝鮮としてマッチメークされたカザフスタン代表戦だったが…立上がり早々に、小笠原からのパスを受けた玉田が得意の右足を振りぬき先制のゴールを上げると日本のペースに…CKから松田の代表初ゴール、アレックスのFKで前半を3-0で折り返すが、前半はカザフが引き気味で完全な日本ペースだったが、後半は立ち上がりから選手を入れ替えたカザフがプレッシャーをかけてきたが、冷静に押し込まれる時間帯を凌ぐと一進一退の攻防。途中、阿部や小笠原のFKで直接ゴールを狙うもゴール割れず…後半は玉田の追加点のみで終わる。相手の不正確なプレーに助けられての無失点という感じで、攻撃に関してはもう少しゴール前での精度を修正する必要があるように感じるが、今年の初戦としては上々の出来だった。

http://www.nikkansports.com/ns/soccer/japan/f-sc-tp3-050129-0022.html

国際親善試合 日本代表×イラク代表

国際親善試合
【日本代表×イラク代表】
国立霞ヶ丘競技場 19:20KICKOFF

日本(2-0)イラク
得点:(日)柳沢敦・三都主アレサンドロ

ひとことでいえば…不甲斐ない試合だった。あまりの緊張感のなさに、前半で帰ろうとさえ思えた試合だった。イージーなミスを自陣ゴール前で何度もするし、楢崎のファインセーブがなければ何点取られたことか(-.-)ボソッ 存在感をみせたのは得点決めた柳沢と交替出場で出た俊輔の海外組くらいのもので、得点に絡んだとはいえアレックスのプレーも前半は中途半端だったし…後半に修正したことは評価できるけど

右サイドは山田のポジションが中途半端でそれがかえってカウンタの原因だった気がするし、ボランチの裏のスペースを疲れすぎでその修正が全く出来てないし(-_-;)来週のオマーン戦が思いやられる(-.-)ボソッ

トップの選手もあれだけコンビネーションがあってないなら、親善試合だし交替して試しても良かった気もするけど…結局は使わなかった選手は、オマーン戦ではメンバー落ちということなんだろうなぁ、やっぱり(-_-;)前日のU-23のロシア戦観てしまっただけに、余計にフラストレーションがたまる試合だった…どうにかしてくれ\(゜ロ\)(/ロ゜)/
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。