MATCH DAY REPORTS

日本代表を中心としてJリーグやカップ戦などのレポートをします。(浦和レッズとザスパ草津以外)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドカップドイツ大会 アジア地区最終予選 日本代表×北朝鮮代表

ワールドカップドイツ大会 アジア地区最終予選
【日本代表×北朝鮮代表】
バンコク・スパチャライ国立競技場 19:35KICKOFF

日本(2-0)北朝鮮

得点:【日】柳澤敦(73分)・大黒将志(89分)

【日本代表】
GK 川口
DF 田中誠・宮本・中澤
MF 福西・稲本・中田浩・加地・小笠原
FW 鈴木(→大黒)・柳澤(→遠藤)

柳澤の先制ゴールで開いたドイツへの道…
大黒の追加点でドイツへの道を決定づける
ドイツ本大会へ1番乗り\(^o^)/


前半は、勝てばW杯息が決まると言うプレッシャーもあったのか?攻撃面で噛み合いが悪く無得点に…攻撃面の噛み合いの悪さは今に始まったことではないのだが(笑)後半に入って、鈴木に代わって大黒が入ったことで、前線が活性化する。大黒の相手の裏を狙う動きに合わせるかのようにボールが動き出しRHYTHMが生まれる。先制点は大黒が絡んで生まれた。ゴール前に上がったクロスボールを大黒が北朝鮮DFと競ったことでルーズボールに…このルーズボールに柳澤が鋭く反応してダイレクトボレーで豪快に叩き込む。ここまで全敗の北朝鮮がこの後前がかりに攻撃を仕掛ける。逆にその裏に空いたスペースにボールを送り込めれば追加点のチャンスに…それが、終了間際に結実する。田中誠が競り勝って裏のスペースへ、反応したのは大黒、ゴール前GKと1対1になり冷静にこれを交わして無人のゴールへ流し込んで駄目を押して、ドイツ行きが決定した。
スポンサーサイト

ワールドカップドイツ大会 アジア地区最終予選 日本代表×バーレーン代表

ワールドカップドイツ大会 アジア地区最終予選
【日本代表×バーレーン代表】
バーレーン・マナマ競技場 1:35KICKOFF

日本(1-0)バーレーン

得点:小笠原(34分)

【日本代表】
GK 川口
DF 田中誠・宮本・中澤
MF 中田英・福西・加地・三都主・小笠原(→稲本)・中村(→中田浩)
FW 柳澤(→玉田)

オガサの値千金の先制ゴールを守りきって、W杯に王手をかける

ホーム・マナマで負けると2位への道のりが遠のくバーレーンが開始から攻撃的に来ると予想もされたが、蓋を明けてみればコンディション不良もあってかプレッシャーが弱かった。その弱いプレスにも助けられた形もあったが、柳澤-中村-小笠原の1トップ2シャドーはゴール前でよく絡んでチャンスを演出した。先制ゴールは、中田英のスルーパスを中村がダイレクトで小笠原へ、トラップでシュートコースを確保してゴール左隅へ叩き込んだ小笠原得意の形だった。この後も、チャンスを作り出したものの追加点は奪えなかったが、両サイドの上がりでバーレーンのサイド攻撃を封じ込め、高さに任せた単調な攻撃も中澤がケアして貴重なアウェイでの勝利をあげ、ドイツへの道をこじ開けた。

それにしても、ヨーロッパ組が入ってシステムを変えたことで、ここまで変わるとは…相手のコンディションが落ちていたことを抜きにしても、ゴール前でタメが出来たことで攻撃面では格段の進歩だったし、プレスもボールの出しどころをうまく潰せていてよかった。UAE戦でのまずさを完全に帳消しにした。小野伸二の直前の怪我で危機感が余計にあったことが好結果に繋がったか?

ワールドカップ アジア地区最終予選 日本代表×バーレーン代表

ワールドカップドイツ大会 アジア地区最終予選
【日本代表×バーレーン代表】
埼玉スタジアム2002 19:30KICKOFF

日本(1-0)バーレーン

得点:オウンゴール

バーレーンの堅い守りに苦戦もOGを捥ぎ取る

【日本代表】
GK 楢崎
DF 田中・宮本・中澤
MF 福西・中田・加地・アレックス・中村(→稲本)
FW 鈴木(→玉田)・高原

試合結果
http://www.jsgoal.jp/club/2005-03/00017671.html
http://live.sports.yahoo.co.jp/sportsnavi/jpn_20050330.html

ジーコ監督コメント http://www.jsgoal.jp/club/2005-03/00017675.html

ワールドカップ アジア地区最終予選 日本代表×イラン代表

ワールドカップ ドイツ大会 アジア地区最終予選
【日本代表×イラン代表】
イラン・アサディスタジアム 18:35KICKOFF

日本(1-2)イラン


得点:福西崇史(67分)

アウェイでのゲームを巧くコントロールしながらもミス絡みの失点で惜敗

12万人のプレッシャーと戦いながらも立ち上がりから、ポイントを抑えたディフェンスが巧く機能してイランにペースを握らせなかったが、攻撃面での思い切りの良さがなくスリッピーなグランドコンディションもあってピッチに脚を取られる場面やトラップミスが目立ったが、中盤での展開では優位に立っていた。しかし、FKから混戦のこぼれ球を押し込まれ不運な形でイランに先制を許してしまった。先制したことで、イランに勢いがついたが落ち着いてディフェンスも対応し前半は0-1で折り返す。

後半の立ち上がりから、リードしたイランが攻勢をかけるが、これを日本が凌ぐと次第に日本ペースになった。前半同様に前線からプレスをかけて高い位置でボールを巧く奪取して攻撃に繋げていたのだが、なかなか追いつくことが出来なかった。ピッチにスピードを殺されていた感のある玉田に替えて、柳澤を投入…この投入が当たりゴール前で柳澤が競合ったこぼれ球を福西が豪快にボレーで決めて同点に追いついた。日本に追い風が吹いたかに思えたが、一瞬のスキが失点を呼んでしまった。日本の左サイドを抉られフリーでセンタリングを上げられてしまいヘッドで押し込まれてしまう。左サイドを抉られたミスとゴール前でフリーでヘッドをあわさせてしまった2つのミスが一気に重なり再びイランにリードを許してしまう。日本はリズムを変えるべく、小野伸二→小笠原、高原→大黒と次々を交替のカードを切って何とか同点に追いつこうと仕掛けたが、ゴールは割れず惜敗。日本に勝ったイランと北朝鮮に勝ったバーレーンが勝点4で並び、日本は3位に後退。

中田英寿の復帰、4バックへのシステム変更などで戦前に懸念された連携面は意外なほど悪くなかった。紅白戦での悪かった点を試合では調整してきた感じで、両サイドが高い位置を保ってタメを作ってサイド攻撃を引き出すという形は見えていたので、ゴール前への精度とこぼれ球に対する対応などをもう少し工夫すればもっと決定的な形は作れたと思う。攻撃面でも守備面でも連携は懸念されたほど悪くはなかったし、ホームでのバーレーン戦で今日の悪かった点を修正して次につなげて欲しい。

ワールドカップ アジア地区最終予選 日本代表×北朝鮮代表

ワールドカップ ドイツ大会 アジア地区最終予選
【日本代表×北朝鮮代表】
埼玉スタジアム2002 19:30KICKOFF


日本(2-1)北朝鮮

得点【日】小笠原(4分/FK)・大黒(89分/アシスト:福西)

苦しい展開を凌いで、ロスタイムのゴールで劇的な結末
大黒は殊勲の代表初ゴール!!


立上がり、アレックスの突破から得たFKのチャンスに小笠原がFKを叩き込んで先制する。これで展開が楽になると思ったのだが…合宿の疲れなのか、寒さから来るものなのか?動きがシリア戦以上に重く感じた前半は、シュート数は互角も予想外にも北朝鮮に押され気味の展開でチャンスを作り出せない。日本は動きのない状態でのパス廻しに終始して、チャンスを生み出せないばかりか北朝鮮の執拗なディフェンスに苦しんだ形でパスミスを連発して、底からカウンター気味の攻撃を受ける嫌な展開。それでも前半は無失点で切り抜けたのだが…

後半も展開的には変わらず…チャンスを生み出せないばかりか北朝鮮に有利に試合が運び始め、チャンスを再三にわたって作られた。15分過ぎにサイドの角度のないところから決められて同点に…同点になったとこで鈴木→高原、田中誠→中村俊輔と連続して交代のカードを切ると、スペースが生まれて日本の攻撃に躍動感が出てきた。それまで消えていたサイドへの展開が出始めてボールが廻り始めると、高原のシュートなどで北朝鮮ゴールを脅かし始めたが、北朝鮮の必死のディフェンスもあって1-1のまま、残り15分で最後にジーコが切ったカードは玉田→大黒だった。予選でのジーコの起用は良く当たる、オマーン戦での久保然り、シンガポール戦での藤田俊哉然り…今日は最後の最後で、大黒が決めた。遠藤のセンタリングを相手GKがパンチングでクリアしたが、こぼれ球を福西が繋ぎゴール前の大黒がコースを変える形でゴールを決めた。またも、ロスタイムでの劇的ゴールで、勝点3をもぎ取った日本代表が白星発進。
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。