MATCH DAY REPORTS

日本代表を中心としてJリーグやカップ戦などのレポートをします。(浦和レッズとザスパ草津以外)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J.LEAGUE Division2 第40節 京都×横浜FC

J.LEAGUE DIVISION2 第40節
【京都パープルサンガ×横浜FC】
西京極陸上競技場兼球技場 14:04KICKOFF

京都(2-1)横浜

得点:【京】手島(5分)・美尾(41分) 【横】城(1分)

PB130044-w512.jpg

首位京都が苦戦しながらも渋太く勝ちを拾う

前節の草津戦でJ2優勝も決まりスタメンを大幅に変えてきた京都と横浜FCの一戦は、横浜FCが前節で2位福岡を破り、天皇杯でもガンバ大阪を苦しめた勢いをそのまま持ち込んだ感があった。

試合はすぐに動いた。開始早々の1分、横浜FCは右サイドのスローインから組み立て、小野智がクロスをあげると、中央の城が頭で合わせ、京都GK西村の手をはじきながらゴールに叩き込んだ。試合開始間もなくのことで、出鼻をくじかれた京都だったが、すぐ反撃に出る。5分、田原が倒され右サイドでFKのチャンス、美尾が蹴ったFKを今度は手島が頭で合わせ同点に追いつく。その後は一進一退となるが、やや横浜FCが優勢に試合を進める。サイドの攻防では横浜がボールを奪取するケースが目立つ。京都は久々の公式戦で試合勘を欠く選手が目立ち、雰囲気にのまれた印象を受ける。それがちぐはぐした印象を持たせる。安定しない京都に対して、横浜が早いプレスを仕掛けたことで、京都が全体的に下がり気味になったために横浜に勢いがついた形となった。劣勢の展開でも、美尾がキープ力を生かしたドリブルで仕掛け、田原はフィジカルのの強さを生かしてポスト役に徹し、そこにアレモンが絡んで攻撃を組み立てた。しかし、全体的にはやはり横浜ペース、そんな中でもワンプレーに集中力を発揮した京都がアレモン→美尾と繋いで、美尾がドリブルシュート、ボールはゴール右隅に吸い込まれ京都に2点目が入る。そして、そのまま前半終了。

PB130026-w512.jpg

後半序盤に横浜FCが決定的な場面を作るも京都GK西村が好セーブもあって追いつけない、その後はお互い見せ場を作りながら流れがめまぐるしく替わる。横浜FCは、選手交代で流れを変えようとするが変えきれず、終盤はいつものようにトゥイードを上げてパワープレーで押し込むも京都も落着いた対応を見せ、前半に奪った虎の子の1点差を守りきって苦しみながらも勝点100台へ向けて京都が勝利を掴んだ。

お互い一歩も引かずに攻撃を仕掛けたが結局京都の決定力の前に横浜FCが屈した形、勢いだけでは崩しきれないところに今季の京都の強さがあったように思える。これだけメンバーを入替えて連携面でかなりチグハグだったにも拘らず勝利に結びつけたところが優勝できた遠因ではないかと思う。

PB130016-w512.jpg

スポンサーサイト

'05 Division2 第28節 横浜FC×ヴァンフォーレ甲府

J.LEAGUE DIVISION2 第28節
【横浜FC×ヴァンフォーレ甲府】
三ツ沢公園球技場 19:04KICKOFF

横浜(3-4)甲府
得点:
【横】シルビオ(57分)・カズ(65分)・トゥイード(84分)
【甲】池端(5分)・奈須(42分)・バレー(47分・50分)

試合後の選手コメント(J's Goal)
甲府:大木監督コメント(J's Goal)
横浜:足達監督コメント(J's Goal)

カズがJ2初ゴールも、甲府が貯金を守り抜いて逃切り勝ち

P8270160-w512.jpg



ヴィッセル神戸から三浦知良(カズ)を獲得し、さらに元日本代表の山口素弘を新潟から、湘南からは浮氣哲郎を期限付移籍で獲得して補強面での話題と攫っている感のある横浜FC。新戦力がどこまで機能するのかが焦点。一方の甲府は京都・福岡には水をあけられてしまったが、3位争いでJ1との入替戦出場に望みを残しているだけに負けられないところ。今日の三ツ沢球技場は会場前から入場待機列が出現したほど、これもカズ効果といったところか…

P8270119-w512.jpg

開始直後、試合が落ち着く間もなく甲府が右サイドの突破から上がったセンタリングに池端飛び込んで先制、横浜FCはバレー・長谷川を気にする余り後ろから飛び込んだ池端に対するケアがなくフリーでシュート許してしまった。この後、ラインが下がり気味ではあったが浮氣・トゥイードを中心に甲府の攻撃を凌いでいたが、42分にCKから奈須がヘッドで叩き込んで追加点をあげる。完全に集中力がこの瞬間切れてきた感じ…これもフリーで許した得点。前半は0-2で終了…横浜FCにとって惜しむらくは、カズの放ったシュートがクロスバーを直撃したことか?

後半の立ち上がり早々、前半と同じようなパターンで守備陣形を整える間もなくバレーに決められてしまいさらにリードを拡げられる。これ以上の失点を避けて反撃に出たいところなのに直後のCKをまたもバレーに決められて試合は完全に決した感が全体に漂い始めた。実際にラインは下がって後手後手の展開の横浜FC、攻撃の糸口さえも見出せない状況になっていた。これが、56分のシルビオの投入で劇的に変化するとは…投入直後にゴール前に抜け出したシルビオが反撃の狼煙となる1点を返すと横浜FCに攻撃のリズムが生まれる。停滞気味だった縦への動きがシルビオの投入で出たことで逆に甲府が下がり気味なりはじめる。65分城へのファールで得たFKにキッカーはカズ(画像参照)…切れに描かれた弧はゴールマウスに吸い込まれる。J2最年長ゴールとなるカズの記念すべきJ2初ゴールにさらに勢いづいた横浜FCはCKからトゥイードが決めて1点差…押せ押せの展開で行ったのだが、4失点はあまりにも重く、タイムアップ甲府が何とか逃げ切って3位争いに踏みとどまる。P8270136-w512.jpg

P8270148-w512.jpg

P8270163-w512.jpg

P8270179-w512.jpg

'05 Division2 第11節 横浜FC×京都パープルサンガ

J.LEAGUE DIVISION2 第11節
【横浜FC×京都パープルサンガ】
三ツ沢公園球技場 14:04KICKOFF


横浜(1-2)京都
得点:【横】ジェフェルソン(65分) 【京】松田(6分・40分)

松田の2発で京都が逃切り…第1クールを無敗で乗り切る

P5070009-w512.jpg

第1クール最終節を迎えたJ2リーグ、京都サンガが三ツ沢に乗り込み横浜FCと対戦した。今季の京都の好調ぶりから京都の圧倒的有利な展開の試合も予想されたが…

立上がりは横浜が早いプレッシャーで攻め込む姿勢を見せたが、リカルドを中心とした京都ディフェンスが無難に対応して徐々に京都がペースを握っていく。トップのパウリーニョにボールを当てタメを作ってサイドに散らしてサイドからの攻撃を仕掛ける京都、5分過ぎのチャンスこそ逃したものの直後に星からのボールを松田が決めて先制する。京都ペースのまま試合は進み、前半終了間際にまたも松田が決めて2-0で前半を折り返す。後半は一転して横浜のペースに、前半こそ京都の対応に無理にボールを動かそうとしてパスミスを連発していたものの、早いプレスがかかるようになった横浜の繋ぎがよくなり京都が押し込まれる展開に…横浜は後半早々にジェフェルソンを投入したのが当たり、そのジェフェルソンが決めて1点差に追いつくが、この後の攻撃も決定力を欠いて京都の粘りもあって試合はそのまま終了。京都が第1クールを無敗で乗り切りがっちりと首位固め。

P5070022-w512.jpg

京都の試合は昨年の大宮公園での大宮戦以来だったが、黒部・チェのトップ2人に、松井大輔が抜けた穴をどういった形で埋めるのか?どういったサッカーで埋めるのかが興味の的だったが…繋ぎはシンプルに、しっかりとトップでタメを作ってのサイド攻撃主体。ベースは昨年と変わらないものの、変にこねくり回さずにシンプルに繋ぐ意識が出来ていて、それが意思統一できているのが今の京都の強みか?アレモン・パウリーニョの外人2トップに松田などの好調な選手の出現も手伝っているのもあるが、トップばかりでなくディフェンスラインにリカルドが入って安定感が出てきたのも大きな要因かと思う。今日の試合を観る限りは京都が大崩れすることは今のところ考えにくいが…

P5070067-w512.jpg

'04 第18節 大宮×京都

J.LEAGUE DIVISION2 第18節
【大宮アルディージャ×京都パープルサンガ】
大宮公園サッカー場 14:00KICKOFF

大宮(0-1)京都  得点:(京)チェヨンス

来季の昇格に向けて、ここまで成績不振の京都が柱谷新監督を迎えての初戦だけに監督交替が起爆剤になるか…大宮も昇格争いに残るためには負けられないだけに、かなりの接戦が予想されたが…

前半は大宮ペース、トップのバレーのスピードを生かすべく縦のスペースへの早い球出しで大宮がチャンスを作り出す。バレーのスピードは京都DFには脅威だったはず、実際ゴール前の決定的なチャンスが何度かあったが、DF陣の頑張りとGKのセーブで何とか逃れた感じの京都だった。京都も手堅く守って攻撃へ繋ぐ意識なのだろうが、攻撃の起点になるはずの松井が下がり気味で、チグハグな攻撃に前半は終始…スコアレス

後半になり、大宮の縦への攻撃パターンに慣れてきた京都が徐々にペースを握り始める。ルーズボールも京都が拾う場面が多くなり、攻撃に厚みが出始める。両サイドの空いたスペースを効果的に使ってサイド攻撃を仕掛け、徐々に大宮ゴールを脅かし始める。決勝点になったチェヨンスのゴールも右サイドから上がったクロスから、ヘディングでゴールに流し込んだもの、結果は0-1だったが内容的には京都の順当勝ちといったところか(-.-)ボソッ

'03 第36節 大宮×広島

J.LEAGUE DIVISION2 第36節
【大宮アルディージャ×サンフレッチェ広島】
大宮公園サッカー場 14:00KICKOFF

大宮(0-2)広島

得点:森崎和・真中

J1昇格を目指す広島が勇躍大宮に乗り込んできた。長いシーズンを乗り切るために守備力が必要とされるJ2にあって、J2開幕当初目立った攻撃力よりも、守備力のほうにはある程度目算の立っていた広島は確実に勝ち点を積み重ね、現在2位につけている。ホームの大宮は、サイドからの展開にはいいものを持ちながら決定力不足ともいえるのだが、サイド攻撃から厚みのある攻撃が組み立てられないところに弱さがあって中位に低迷。

前半はホームの大宮にある程度ボールをまわさせて、時折カウンターを仕掛ける程度で見所は少なかった(-.-)ボソッ、後半になると徐々にシフトが変わり始める。守備力を背景に、奪ったボールをシンプルにサイドに展開し始めて広島が攻めの形を見せ始めるが…こちらもゴール前までの精度が悪く中々シュートにまで持っていくことが出来ないでいたのだが…右サイドで得たCKを森崎浩司が蹴り、これを兄の森崎和幸がヘッドで決めて先制点を奪う。このあと、サイド攻撃から真中が身体ごとゴールに飛び込んで追加点を決めて、終わってみれば広島が快勝。首位の新潟も勝ったために、勝ち点差は3で変わらないものの、しっかりと3位川崎との勝ち点差をキープして、ラストスパートへと繋げた。それにしても、弟が蹴って兄が決めるなんて…森崎ツインズ恐るべし(-.-)ボソッ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。