MATCH DAY REPORTS

日本代表を中心としてJリーグやカップ戦などのレポートをします。(浦和レッズとザスパ草津以外)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CONFEDERATIONS CUP 2005 ブラジル代表戦

CONFEDERATIONS CUP 2005 GERMANY
【日本代表×ブラジル代表】
ケルン 3:00KICKOFF


日本(2-2)ブラジル
得点:【日】中村俊輔(27分)・大黒将志(87分) 【ブ】ロナウジーニョ(14分)・ロビーニョ(32分)

【日本代表】
GK 川口
DF 加地・宮本・田中・アレックス
MF 福西・中田英・小笠原(→中田浩)・中村
FW 玉田(→大黒)・柳沢(→鈴木)
王者ブラジル相手に2度の同点劇も逆転は叶わず…得失点差で予選リーグで散る

立ち上がりチャンスを作ったのは意外にも日本だった…加地の放ったシュートが決まったかに見えたが、無情にもオフサイドの判定でノーゴール。逆にこれで火がついたのか?ブラジルが攻勢に出ることに…14分にロナウジーニョ→ロビーニョと繋いで先制のゴールを決めるが、今日の日本はブラジル相手に引くことがなかった。これが、27分の中村俊輔の同点ミドルに繋がったが、ブラジルも日本に傾きかけた勢いをすぐに巻き返し一瞬の隙を突いて32分にロナウジーニョのゴールで突き放す。失いかけた流れをすぐに引き戻してしまうあたりがブラジルらしいが、ここまでの日本PATTERNからするとここからズルズル行ってしまうところだったのだが、互角に渡り合って逆に後半に入るとペースダウンし始めたブラジルを凌駕し始める。大黒の投入もあって、リズムを取り戻してチャンスを作り出した日本だった。ギリシャ戦でも目立ったがこの日もサイドからの押し上げのタイミングがよく分厚い攻撃を仕掛けることが出来たことが87分のゴールに繋がる。ゴール前で得たFKのチャンスでキッカーは中村俊輔、俊輔の左足から放たれたボールは弧を描いてブラジルゴールへ…しかし、バーに阻まれチャンスは潰えたかに見えたがこのボールに反応していた大黒が冷静に押し込んで同点に…押せ押せの日本はロスタイムにも大黒がサイドからのクロスに反応してヘッドでゴール狙ったがこれはgkマルコスのセーブに遭いゴールは割れず。試合は同点のままタイムアップ…王者ブラジルに一歩も引かずに戦った日本だったが一歩及ばず、得失点差で決勝Tには進めず。予選リーグ敗退となった。

負けられないアジア予選と違い、RISKを負ってまでも攻めの姿勢を貫けたことが予選リーグでの戦いに出ていた。サイドからの押し上げなどは特にそうで、RISKを負ったことでセカンドボールの奪取率を上げ結果的には分厚い攻撃を仕掛けるきっかけとなったし、ワンタッチでのパス交換が確実に出来たことも相まって格段の進歩を見せた気がするが、片鱗は昨年の欧州遠征でも見せていたのだがそこから更にレベルアップはしていたと思う。チャンスは作り出すことが出来るようにはなっている。あとはゴール前での精度の問題をこれからどう解決するかに尽きると思う…個人的には柳沢か大黒のワントップの布陣がベターだと思うが…
スポンサーサイト

ワールドユース2005 オランダ大会 U-20モロッコ代表戦

ワールドユース オランダ大会
【U-20日本代表×U-20モロッコ代表】


日本(0-1)モロッコ

ロスタイムにあっけない幕切れ…16強で散る

予選リーグを何とか突破して望んだベスト16の闘い、ベナンに続くアフリカ勢との対戦だった。ゲームプランは延長込みの後半戦のスタミナ勝負だったはずだったが…前半から、激しいプレッシャーを仕掛けて前線からプレスをかけて勝負しチャンスを数多く作り出したが、決定的だったカレン・ロバートのシュートはバー・ポストに阻まれた。サイドからチャンスも多く演出したがゴール前は流石に固くゴールを割ることが出来ないままロスタイムへ突入した。間もなく終了という一瞬の隙を突かれた形でモロッコのカウンターを許しベスト8への道を絶たれる。決定力不足が浮彫りにされた一戦…平山頼みの布陣も考え直す必要性があったのではと思わせた。

CONFEDERATIONS CUP 2005 ギリシャ代表戦

CONFEDERATIONS CUP 2005 GERMANY
【日本代表×ギリシャ代表】
フランクフルト 1:00KICKOFF


日本(1-0)ギリシャ
得点:【日】大黒将志

【日本代表】
GK 川口
DF 三都主・宮本・田中誠・加地
MF 中田・福西・中村(→遠藤)・小笠原
FW 玉田(→大黒)・柳沢

大黒弾炸裂!! ヨーロッパ王者・ギリシャを粉砕…決勝進出に望みを繋ぐ

初戦を落としてお互いに準決勝進出には後がない両チームだったが、試合を通じてペースを握ったのは日本のほうだった。ポゼッションでは五分の展開だったが、ボールへのアプローチもゴールに対するideaでも上回った日本だったが、FINISHの精度を欠いてゴールを陥れられずにスコアレスで折り返した。後半途中で大黒が投入される。これが、またも当たり大黒が劇弾を叩き込んで先制…これが決勝点となり。欧州王者ギリシャを破り、ブラジル戦へ望みを繋ぐ。

ワールドユース2005 オランダ大会 U-20オーストラリア代表戦

ワールドユース オランダ大会
【U-20日本代表×U-20オーストラリア代表】


日本(1-1)オーストラリア
得点:【日】前田俊介

劇的な同点弾で辛くも引分に持込み、史上初の未勝利で決勝T進出

フィジカルで勝るオーストラリアは引分で終わると得失点の関係で日本を上回ることが出来ないことから、積極的にゴールを狙ってくることは想像できた。日本はオランダ×ベナンの結果に左右されることとはいえ、勝てば決勝トーナメント進出が決定するだけにこちらも勝を狙いに行った。その前半は攻撃的にでてきた相手をいなしながらスコアレスで折り返し、後半に繋ぐ…後半もフィジカルに勝るオーストラリアが有利に進めるが日本も要所を締めて、逆に鋭い攻撃を仕掛けてチャンスを作り出したが詰めを欠いてしまう。そんな嫌な展開でオーストラリアに先制を許し万事窮したかに見えたが、引分でも望みを残しているだけに果敢にオーストラリアゴールを襲う…中盤でのルーズボールを梶山が繋ぎ前田俊介へ、その前田が利き足とは逆の右足を振り抜くとボールはGKの手をかすめゴールへと吸い込まれた。終了間際の同点弾、これで息を完全に吹き返した日本が終了間際にも平山の決定的なチャンスが迎えたがこれは外してしまい、同点で終了。同時進行のオランダ×ベナン1-0でオランダが勝ち、勝点は日本・ベナン・オーストラリと並んだが、得失点差と総得点差により日本の2位が決定し決勝T進出決定。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。