MATCH DAY REPORTS

日本代表を中心としてJリーグやカップ戦などのレポートをします。(浦和レッズとザスパ草津以外)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J.LEAGUE Division1 第29節 FC東京×ガンバ大阪

J.LEAGUE Division1 第29節
【FC東京×ガンバ大阪】
味の素スタジアム 15:00KICKOFF

東京(2-1)G大阪

得点:【東】馬場(44分)・今野(71分) 【G】シジクレイ(1分)

土肥洋一(FC東京)


開始直後に先制されるも、粘り抜いたFC東京が
首位ガンバ大阪に逆転勝利で首位戦線は混戦に…


前節を終えて、首位のガンバ大阪が前節まで残留ラインに入っていたFC東京とアウェイの味の素スタジアムに乗り込んで対戦。前節までの順位を考えれば、ガンバ大阪優位の予想が容易にたったところだが、終盤を迎え徐々に初優勝へのプレッシャーが掛かり始めるガンバは前節で大分に敗戦、一方のFC東京は降格争いの渦中にあった中で東京ダービーを制して残留争いからは一歩抜け出た感もあり上昇気配、ここで勝利することで残留を確実なものに近づけたいところだが…

PA300074-w512.jpg


宮本を負傷で欠き、前線3人の調子落ちが伝えられるガンバ大阪は大黒・二川を控えに廻す布陣で試合を迎える。これがどう響くのか?とも思われたが、それを振り払うかのように、開始直後に得たCKからシジクレイがヘッドで合わせて先制のゴールをガンバがあげた。ガンバに先制を許したことで、動揺が見え隠れするFC東京のディフェンスライン…ラインが完全に引いてしまってボール奪っても押上げがなく出しどころを探る間にボールを奪われ攻撃を展開される悪循環で、ペースは完全にガンバ大阪だったがよく凌いで前半はそのまま終了かと思われたロスタイムにFC東京の馬場が豪快なミドルを叩き込んで1-1で前半を折り返した。

これで完全に息を吹き返したのがFC東京だった。左サイドに前半途中から投入された鈴木則郎が機能して再三突破を図る、左からの展開がFC東京に勢いを与え逆に、ガンバ大阪の勢いを削ぐ形になる。前半とは一変してFC東京のペースになった。一方のガンバは、後半から大黒・二川を投入してみたものの逆に、奇を衒った戦術に選手がフィットせずにリズムを削ぐ結果に…前半に機能していたフェルナンジーニョも消え始めると、アラウージョも存在感がなくなってしまった。傾いた流れがそのまま結果となって、FKからガンバゴール前が混戦になり今野が押し込んで決勝点となる2点目をFC東京があげた。この1点を守りきってFC東京が残留に大きな勝点3をあげた。

馬場憂太


来週にナビスコ決勝を迎えるガンバ大阪が2冠へのプレッシャーから自滅した形か?指揮官の苦悩振りも見て取れるが、チーム全体が浮き足立っている感じは否めないし、これまで爆発力を誇った大黒・アラウージョ・フェルナンジーニョの前線
3人が揃って調子を崩しているのが気になるところ。この日、2・3位の直接対決になったC大阪×鹿島がスコアレスドローに終わったことで、首位ガンバに変動はなかったが、2位・鹿島(勝点差1)、3位・浦和(同4)、4位C大阪(同4)と首位戦線は混沌としてきた。次節のガンバ大阪×浦和レッズが今後を占う大一番になったことはいうまでもない。

遠藤保仁(G大阪)&今野泰幸(FC東京)

スポンサーサイト

'05 Division1 第4節 FC東京×ジュビロ磐田

J.LEAGUE DIVISION1 第4節
【FC東京×ジュビロ磐田】
味の素スタジアム 14:03KICKOFF

東京(1-0)磐田

得点:【東】栗沢

FC東京が栗沢の一発で苦手の磐田を何とか振切って、首位を守る

P4100028-w512.jpg

前節まで首位のFC東京が苦手のジュビロ磐田をホーム:味の素スタジアムに迎えて迎え撃つ、前日に前節まで同勝点で得失点差で2位だった鹿島が勝って、暫定首位に立つだけに是が非でも勝ちたいところだが、磐田も勝ちきれない試合が続き是が非でも勝ちたいところ。磐田は今節から日本代表GK川口が復帰、復帰戦を白星で飾りたかったが…

P4100051-w512.jpg

前半は完全なFC東京ペース、序盤での中盤の攻防を制すると中盤で奪い取ったボールをシンプルに両サイドに供給しサイドからチャンスを作るいつものパターンに持込んだが、川口を中心としたジュビロのゴールマウスをこじ開けることが出来ないまま、前半を終了する。後半も、FC東京が優位に進めるかに見えたが、先にジュビロが交替のカードを切り流れを変えにきた。調子の上がらないチェ・ヨンスに替えて中山を投入すると、前線の動きが活発になりジュビロが後半ペースを握ったが、こちらも決定力不足でゴールを割れず…逆に一瞬のスキを突かれて、栗沢のゴールでFC東京が先制した。先制された後もジュビロがFC東京ゴール前に攻め込んでチャンスは作るものの無得点でそのまま試合は終了。FC東京が得失点差で首位を守り切る。

P4100078-w512.jpg

'04 セカンドステージ 第9節 FC東京×磐田

J.LEAGUE DIVISION1 2ND STAGE 第9節
【FC東京×ジュビロ磐田】
国立霞ヶ丘競技場 15:00KICKOFF

FC東京(0-0)磐田

チームの勢いの差が出だしから現れてる…ナビスコカップの決勝へコマを進めたFC東京が立ち上がりから主導権を握り、磐田ゴール前に襲い掛かる…が、決定的なシーンもシュートミスが多く、点には繋がらず。次第に磐田もカウンターを仕掛けられるようになってくる。こちらもFC東京のDF陣に阻まれることしきり。最後の最後までお互いに決定力不足を露呈したままスコアレスドローに…

磐田としては、佐藤洋平の控えに岩丸が移籍しGKの目処が立ったことは大きいか?再三にわたり好セーブを見せて、ドローに持込めたのも岩丸によるところが大きかった。攻撃陣は相変わらず球離れが遅く手詰まりな感じは…FC東京もそこからチャンスを作るもシュートを悉く外したのが痛い…攻撃的なのはいいが、最後の仕事を出来る選手がいないことがこのチームの難点かも(-.-)ボソッ
20050103104042.jpg

'04 セカンドステージ 第4節 横浜×磐田

J.LEAGUE DIVISION1 2ND STAGE 第4節
【横浜F.マリノス×ジュビロ磐田】
国立霞ヶ丘競技場 15:00KICKOFF

横浜(3-0)磐田
得点:(横)奥・坂田・安

勢いの差で横浜が圧勝…磐田は3連敗

ファーストステージまで3ステージ連続優勝中の横浜と、セカンド初勝利を目指す元王者磐田の対戦…勢いの差がそのままの結果となってした感が(-.-)ボソッ

立ち上がりからボールポゼッションで上回る横浜、田中隼磨とドゥトラの両サイドがワイドに攻撃の起点となり、それに奥が絡んで安と坂田のツートップにボールを供給してチャンスを拡げる横浜に対して、ボランチの福西を出場停止で欠き、サイドのキーマン西も欠場の磐田は、山西・カレンを先発に起用して対抗しようとしたがドゥトラと対面のカレンには荷が重かったか?サイドに起点を作られ全体的に下がり気味に鳴ってしまって横浜の猛攻を受けてしまう。

奥の先制点に続いて、坂田の追加点…と完全に横浜の流れ、磐田も何度かチャンスを作るがトップのグラウの調子が今ひとつなのか動きが単調で決定機も作れず仕舞い…逆にフィニッシュ仕切れないことから、横浜にカウンター食らう悪循環で、ペースを最後まで握れないままに試合が進み、サイドからのクロスからヘッドでの安のゴールでジ・エンド…横浜の完勝
20050103104206.jpg

'04 ファーストステージ 第8節 柏×鹿島

J.LEAGUE DIVISION 1 第8節
【柏レイソル×鹿島アントラーズ】
国立霞ヶ丘競技場 19:05KICKOFF

柏(0-1)鹿島  得点:(鹿)石川

前節のフェルナンドに続き、今節は攻撃の基点の小笠原を累積警告で欠く鹿島、徐々に守備陣に安定感の出始めた柏の対戦、鹿島は小笠原を欠いてボールがどこまでつなげるかが鍵だったが…

前後半を通じて、試合を支配していたのは柏のほうだった。中盤でのプレスもよくきいて、奪ったボールを左右に展開してのオープン攻撃で何度も鹿島ゴールを脅かすが、最終ラインの大岩・金古が身体をよく張り、決定的な場面でもGK曽ケ端が再三のファインセーブでピンチを凌ぐといった展開が続いた。鹿島はボールを奪うも、ボールへの集散が悪く、同じサイドで柏のディフェンスの網に掛かり攻撃の糸口を見出せないままだった。スコアレスドローで終わろうかという終了間際のロスタイムにカウンターから柏ゴール前へ…一度はクリアされたが、こぼれ球を巧く拾った石川が柏ゴールへ押し込んで劇的な勝利。

これがあるからサッカーはわからない…柏は押し気味に試合をすすめながらも、玉田が再三のチャンスを潰したのが響いた形だった。全体的には間延びした感じの試合。収穫といったら…怪我から復帰の中田浩二が見れたことくらいか(-.-)ボソッ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。