MATCH DAY REPORTS

日本代表を中心としてJリーグやカップ戦などのレポートをします。(浦和レッズとザスパ草津以外)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KIRIN CHALLENGE 2005 日本代表×アンゴラ代表

KIRIN CHALLENGE 2005 go for 2006
【日本代表×アンゴラ代表】
国立霞ヶ丘競技場 19:20KICKOFF

日本(1-0)アンゴラ

得点:【日】松井大輔(90分)

【日本代表】
GK 川口
DF 田中(→松井)・宮本・中澤
MF アレックス・駒野・中田英・稲本(→阿部)・中村
FW 柳沢・高原(→大黒)

PB160070-w512.jpg


終了間際に松井が代表初ゴール
2005年最終戦を勝利で飾る


国際Aマッチデーで世界各地でW杯プレーオフと親善試合が行われる中、2005年最終戦が国立競技場で行われた。Aマッチデーということで召集可能な限りの欧州勢が呼ばれ、今年最後の代表戦はこれまでのコンビネーションを確認するには絶好の機会となるはずだったが…

立ち上がりから主導権を握ったのは日本代表だった。中田・中村が激しいマークを受ける中でも持ち味を発揮して、チャンスの起点となっていく。ボールが収まることでサイドへの展開やFW陣が裏のスペースをとる動きをしてチャンスを拡大していくが、決定的な場面での相変わらずのフィニッシュ精度の低さを露呈してしまう。前半だけも5本はあった決定機を逃したことが試合展開を多少きついものにしてしまったことは否めない。後半は、前半に受けに廻っていたアンゴラが攻めてくることは容易に想像がついた。そんな中でも、ディフェンス陣の対応でシュートや危ない場面はあったものの得点を許すまでには至らなかった。後半の苦しい場面でも完全に引かずにいたことが、交代のカードを切ったことで展開を自分たちのほうへとひきつけたのではないだろうか。66分に田中誠から松井大輔へ交代が告げられると、この時点で4バックへ…これが徐々に効果を現し、79分高原から大黒、80分稲本から阿部への交代で次第に主導権を握り返した。ロスタイムに入った直後、中村がタメを作って柳沢へ展開し、柳沢があげたボールに松井がヘッドで合わせて待望の先制点、これが決勝点になって最終戦を勝利で飾った日本代表。松井は嬉しい代表初ゴール。

PB160100-w512.jpg

守備面では無難なところを見せていたものの、サイドの攻防で縦へのケアが薄い場面が多く見られた。その部分を突かれる事は少なかったが、スペースが空いたことは凄く気になった材料だった。攻撃面では、相変わらずの決定力不足が露呈、本大会の予選リーグではプレッシャーは今日の試合の比ではない。チャンスの回数は減り、その少ないチャンスをいかに得点するかが予選リーグ突破の鍵を握るはずであるのに、フリーのシュートをふかしたりバー直撃が多く枠を捉えきれない。枠を捉えたアレックスのシュートのようにある程度のGKであればゴールの可能性は低い…だからこそ、シュートは枠内へ、ここが最低線なのだが…交代出場した選手に関しては、流れを巧く変えることが出来ていたし、その中の松井が得点を決めたことでよかったのではないと思う。最終的には勝利を収めたが、課題の山積された試合であったことは否めない。

PB160121-w512.jpg


http://www.nikkansports.com/ns/soccer/japan/nscore/2005/20051116jpnetc.html
スポンサーサイト

J.LEAGUE Division2 第40節 京都×横浜FC

J.LEAGUE DIVISION2 第40節
【京都パープルサンガ×横浜FC】
西京極陸上競技場兼球技場 14:04KICKOFF

京都(2-1)横浜

得点:【京】手島(5分)・美尾(41分) 【横】城(1分)

PB130044-w512.jpg

首位京都が苦戦しながらも渋太く勝ちを拾う

前節の草津戦でJ2優勝も決まりスタメンを大幅に変えてきた京都と横浜FCの一戦は、横浜FCが前節で2位福岡を破り、天皇杯でもガンバ大阪を苦しめた勢いをそのまま持ち込んだ感があった。

試合はすぐに動いた。開始早々の1分、横浜FCは右サイドのスローインから組み立て、小野智がクロスをあげると、中央の城が頭で合わせ、京都GK西村の手をはじきながらゴールに叩き込んだ。試合開始間もなくのことで、出鼻をくじかれた京都だったが、すぐ反撃に出る。5分、田原が倒され右サイドでFKのチャンス、美尾が蹴ったFKを今度は手島が頭で合わせ同点に追いつく。その後は一進一退となるが、やや横浜FCが優勢に試合を進める。サイドの攻防では横浜がボールを奪取するケースが目立つ。京都は久々の公式戦で試合勘を欠く選手が目立ち、雰囲気にのまれた印象を受ける。それがちぐはぐした印象を持たせる。安定しない京都に対して、横浜が早いプレスを仕掛けたことで、京都が全体的に下がり気味になったために横浜に勢いがついた形となった。劣勢の展開でも、美尾がキープ力を生かしたドリブルで仕掛け、田原はフィジカルのの強さを生かしてポスト役に徹し、そこにアレモンが絡んで攻撃を組み立てた。しかし、全体的にはやはり横浜ペース、そんな中でもワンプレーに集中力を発揮した京都がアレモン→美尾と繋いで、美尾がドリブルシュート、ボールはゴール右隅に吸い込まれ京都に2点目が入る。そして、そのまま前半終了。

PB130026-w512.jpg

後半序盤に横浜FCが決定的な場面を作るも京都GK西村が好セーブもあって追いつけない、その後はお互い見せ場を作りながら流れがめまぐるしく替わる。横浜FCは、選手交代で流れを変えようとするが変えきれず、終盤はいつものようにトゥイードを上げてパワープレーで押し込むも京都も落着いた対応を見せ、前半に奪った虎の子の1点差を守りきって苦しみながらも勝点100台へ向けて京都が勝利を掴んだ。

お互い一歩も引かずに攻撃を仕掛けたが結局京都の決定力の前に横浜FCが屈した形、勢いだけでは崩しきれないところに今季の京都の強さがあったように思える。これだけメンバーを入替えて連携面でかなりチグハグだったにも拘らず勝利に結びつけたところが優勝できた遠因ではないかと思う。

PB130016-w512.jpg

'05 ヤマザキナビスコカップ決勝 ジェフ千葉×ガンバ大阪

J.LEAGUE ヤマザキナビスコカップ決勝
【ジェフユナイテッド千葉×ガンバ大阪】
国立霞ヶ丘競技場 13:00KICKOFF

千葉(0-0)G大阪 PK(5-4)




スリリングに展開も、スコアレスでPK戦へ
PK戦を制しジェフユナイテッド千葉が初戴冠


初タイトルにかける思いは、ゴール裏のサポーターのサポートにも現れていた。ジェフ千葉側はチームカラーに彩られた上にビッグフラッグが、G大阪側のゴール裏を彩る青と黒のボードで色分けされる。スタンドもチームカラーが半分ずつ綺麗に色分けされた。タイトルへ…攻撃的な両チームだけに、点の取り合いが予想されたが結果は意外な方向へ向くことに

前半から主導権を握ったかに見えたのはG大阪だった。ここ最近のリーグ戦では得意の攻撃が形を潜め、攻めあぐねている印象が強かったG大阪だが、今日に限ってはその印象はない。松下が放ったシュートを皮切りに、大黒が、アラウージョのシュートが立て続けに千葉のゴールを襲うが千葉のGK立石の対応のよさもありゴールを割ることは出来ない。しかし、得点の期待される選手が果敢にゴールを狙うことで、チームにリズムが出てガンバらしいサッカーを展開する。一方で千葉は、チーム全体の統一された意思により機能的に動いた印象で、その中でガンバの攻撃を凌いで自分たちのリズムに持ち込んでいたようにも見えた。後半もガンバが優勢に…千葉の動きの量が落ちたかに見え、全体に中盤が間延びした感じになり始めると、出来たスペースから前線へ展開されて、FW陣が市原ゴールを襲い続けたが…ガンバが交代のカードを守備の選手で切ってきたことで徐々に勢いは失われゴールの予感のないまま90分が終了し延長へ勝負は持ち込まれることに…延長は前半はガンバが、対して後半は全体に疲労感のでたガンバに対して千葉が主導権を握ったものの最後までゴールを割れずに、戦前の予想に反して試合はスコアレスのまま昨年に続いてPKでの決着に持ち込まれる。PKはガンバの一人目の遠藤が千葉GK立石にストップされ、5人全員が決めた千葉に凱歌が上がる。

全員が攻守にわたり意志を統一した千葉が交替選手も含めて14人で試合に挑んだのに対して、ガンバは交代のカードは切ったものの11人で戦った印象はぬぐえない。僅かな気持ちの差…それがタイトルの行方を分けたのではないだろうか?

J.LEAGUE Division1 第29節 FC東京×ガンバ大阪

J.LEAGUE Division1 第29節
【FC東京×ガンバ大阪】
味の素スタジアム 15:00KICKOFF

東京(2-1)G大阪

得点:【東】馬場(44分)・今野(71分) 【G】シジクレイ(1分)

土肥洋一(FC東京)


開始直後に先制されるも、粘り抜いたFC東京が
首位ガンバ大阪に逆転勝利で首位戦線は混戦に…


前節を終えて、首位のガンバ大阪が前節まで残留ラインに入っていたFC東京とアウェイの味の素スタジアムに乗り込んで対戦。前節までの順位を考えれば、ガンバ大阪優位の予想が容易にたったところだが、終盤を迎え徐々に初優勝へのプレッシャーが掛かり始めるガンバは前節で大分に敗戦、一方のFC東京は降格争いの渦中にあった中で東京ダービーを制して残留争いからは一歩抜け出た感もあり上昇気配、ここで勝利することで残留を確実なものに近づけたいところだが…

PA300074-w512.jpg


宮本を負傷で欠き、前線3人の調子落ちが伝えられるガンバ大阪は大黒・二川を控えに廻す布陣で試合を迎える。これがどう響くのか?とも思われたが、それを振り払うかのように、開始直後に得たCKからシジクレイがヘッドで合わせて先制のゴールをガンバがあげた。ガンバに先制を許したことで、動揺が見え隠れするFC東京のディフェンスライン…ラインが完全に引いてしまってボール奪っても押上げがなく出しどころを探る間にボールを奪われ攻撃を展開される悪循環で、ペースは完全にガンバ大阪だったがよく凌いで前半はそのまま終了かと思われたロスタイムにFC東京の馬場が豪快なミドルを叩き込んで1-1で前半を折り返した。

これで完全に息を吹き返したのがFC東京だった。左サイドに前半途中から投入された鈴木則郎が機能して再三突破を図る、左からの展開がFC東京に勢いを与え逆に、ガンバ大阪の勢いを削ぐ形になる。前半とは一変してFC東京のペースになった。一方のガンバは、後半から大黒・二川を投入してみたものの逆に、奇を衒った戦術に選手がフィットせずにリズムを削ぐ結果に…前半に機能していたフェルナンジーニョも消え始めると、アラウージョも存在感がなくなってしまった。傾いた流れがそのまま結果となって、FKからガンバゴール前が混戦になり今野が押し込んで決勝点となる2点目をFC東京があげた。この1点を守りきってFC東京が残留に大きな勝点3をあげた。

馬場憂太


来週にナビスコ決勝を迎えるガンバ大阪が2冠へのプレッシャーから自滅した形か?指揮官の苦悩振りも見て取れるが、チーム全体が浮き足立っている感じは否めないし、これまで爆発力を誇った大黒・アラウージョ・フェルナンジーニョの前線
3人が揃って調子を崩しているのが気になるところ。この日、2・3位の直接対決になったC大阪×鹿島がスコアレスドローに終わったことで、首位ガンバに変動はなかったが、2位・鹿島(勝点差1)、3位・浦和(同4)、4位C大阪(同4)と首位戦線は混沌としてきた。次節のガンバ大阪×浦和レッズが今後を占う大一番になったことはいうまでもない。

遠藤保仁(G大阪)&今野泰幸(FC東京)

第85回天皇杯全日本サッカー選手権 3回戦 横浜FC×FCホリコシ

第85回天皇杯全日本サッカー選手権 3回戦
【横浜FC×FCホリコシ】
三ツ沢公園球技場 13:00KICKOFF

横浜(1-0)FCホリコシ

得点:【横】内田智也

FCホリコシ善戦も、横浜FCが辛くも勝って4回戦へ

三浦知良


去年の天皇杯で16強へ進出したFCホリコシが再度のジャイアントキリングを狙って横浜FCに挑む。横浜FCにはカズが、FCホリコシにはアマラオが、ともにKINGと呼ばれた巨頭がトップに張って勝利を目指す。

前半は両チームとも全体にコンパクさが欠けてしまって、締りのない展開に終始する。こういう展開こそ地力の差が出てしまうというもの、横浜FCが厳しいリーグ戦を戦っていることを証明しているかのように優位には展開していたが、COMPACTさにかける展開で、押上げも少なく厚みのある攻撃が仕掛けられないこともあったが、FCホリコシの必死の頑張りにあってチャンスらしいチャンスは作れずにいた。その中で、巧くボールを引き出した横浜FC が内田のゴールで先制した。そのゴールを守って前半は1-0で横浜リード。

後半にはいるとアマラオが前線で頑張り、そのボールに反応しだしたホリコシが押上げもよくCOMPACTに全体を保って優位に試合を進める。しかし、横浜FCは真ん中に張ったトゥイードが効いてFCホリコシに決定的なチャンスをなかなか作らせない…終盤にアマラオが放ったミドルもGKがセーブして事なきを得るとFCホリコシには攻め手がなくなり。そのまま前半のリードを保った横浜FCが辛勝だが順当に4回戦へ駒を進めた。

アマラオ(FCホリコシ)

この日三ツ沢に目立ったのは、他チームのサポーターの姿、自分も含めてだが(笑)
オレンジのアルビサポ、赤青のFC東京サポが目立った。横浜FCには山口素弘がFCホリコシにはアマラオがいたからだが…移籍の目立つJならでは光景だろう。でも、それを容認できる日本のサッカーのよさも再認識した試合だった。

山口素弘(横浜FC)

次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。